手荷物無料宅配サービス

アメリカンエキスプレスゴールドカードを利用すると、空港ラウンジの入場やマイル、旅行中の事故や物損に対しての補償といった、様々なメリットが受けられます。ここでは、便利なクレジットカードの特典の中でも、あまりピックアップされない「手荷物無料宅配サービス」についてご紹介します。実はこのサービス、何度でも利用できるのでとても便利。海外への旅行・遠征・出張などが多い方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

そもそも「手荷物無料宅配サービス」ってどんなサービス?

「手荷物無料宅配サービス」とは、海外旅行で便利なサービス。出発時には自宅から空港まで、帰国時には空港から自宅まで荷物を無料で配送してもらえます。なお、現在は成田国際空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港の4つの空港でのみサービスが受けられるようです。

サービスを利用するにあたって特別難しい手続きは必要ありません。まずは、出発時の7日前までにウェブサイトまたは電話で荷物の集荷を予約。自宅まできてもらえます。

次に集荷時に宅配原票をもらい、出発日当日に予約した空港の専用カウンターへ。宅配原票と引き換えに荷物を受け取る事ができます。受け取りの際は、カードの提示も求められるので、忘れずに持って行くようにしましょう。帰国時も同様、専用カウンターで受付を済ませれば、大きな荷物を抱えることなく帰宅することができます。運べる荷物は、スーツケースだけでなくゴルフバッグも運べるため、レジャーでの利用も可能です。なお、荷物のサイズや重さに決まりがあったり、一部持ち運びできない荷物もあったりするため、出発前にチェックしておきましょう。

年会費29,000円以上の価値はある?利用シーンと注意点

海外旅行は国内旅行に比べ、とにかく荷物が多くなりがちです。帰国時にはお土産まで荷物に加わってスーツケースの中身はパンパン。欲しいお土産があっても「帰りの荷物が大きくなるから今回は我慢しよう・・・。」と諦めた経験もあるのではないでしょうか。しかし、せっかく海外旅行に行ったのに我慢しないといけないなんてもったいないですよね!「手荷物無料宅配サービス」なら、自宅と空港間で荷物の配送を行ってくれるので、旅行中の買い物を思いっきり楽しむことができます。

ここでは、サービスのメリットや注意点、どのくらいお得か事例をまじえて紹介します。

1回のサービス利用でどのくらい得する?

航空会社でも手荷物の配送サービスを行っています。利用する場合は、1回あたり平均3,000~5,000円。カードの年会費が29,000円であることを考えると、10回利用すれば元がとれることがわかります。利用回数に制限がないため、利用回数が多い方はかなりお得なサービスと言えるでしょう。

どれくらい荷物を預けられるのか?

アメリカンエキスプレスゴールドカードでは、手荷物無料宅配サービスで運べる荷物はカード1枚につき1つまでです。しかし、実は家族カードを契約した場合は、家族カードでも1つ荷物を運んでもらうことができます。もし夫婦で海外旅行に行く場合は、家族カードを持つと良いでしょう。カード付帯の補償サービスがいろいろ受けられるため便利です。

荷物の配達目安は翌日~翌々日

配達期日の目安は翌日~翌々日と記載されています。空港から近いエリアにお住まいであれば、午後に荷物の受け渡しをしたら、翌日の午前中には配達が完了することもあるようです。荷物を預けてから届くまで少し時間がかかりますので、預ける荷物は2日以上預けても大丈夫な物にしましょう。

「受け取りカウンター」と「受け渡しカウンター」をチェック

手荷物の「受け取りカウンター」と「受け渡しカウンター」が別の場所にあるので注意しましょう。勘違いして同じ場所で荷物の受け渡しができると思っていると、重い荷物を引きずりながら空港内を歩きまわることになります。事前確認をしておきましょう。

旅行を楽しむための1枚に

利用の仕方次第で便利な「手荷物無料宅配サービス」。特に海外旅行にあまり行き慣れていない方におすすめのサービスです。せっかく楽しみにしていた海外旅行で帰国時の荷物が気になってお土産が買えない。そんな心配をしながらの旅行をせず、思い切ってサービスを利用してみましょう。

年に何回も海外旅行に行く方でなければ、「手荷物無料宅配サービス」のみでアメリカンエキスプレスゴールドカードの年会費以上のサービスを受けるのは困難です。しかし、アメリカンエキスプレスゴールドカードのサービスや特典はこれだけではありません。

今回ご紹介した「手荷物無料宅配サービス」のほか、空港ラウンジ利用や海外旅行時の補償、コンシェルジュサービスや旅行先のレストラン割引など、様々な特典が受けられます。ぜひ、あなたの旅のお供に1枚いかがでしょうか。

あわせて読みたいページ

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ