ステータスの高さで比較したおすすめのゴールドカード_HOME » デルタアメックスゴールドカードの魅力 » デルタアメックスゴールドカードの「ラウンジサービス」とは?

デルタアメックスゴールドカードの「ラウンジサービス」とは?

このページではデルタアメックスゴールドを持っていると無料で使える「ラウンジ」につい紹介します。

どういったサービス資格なのか、ラウンジを使用するためにはどうしたらいいのかなどを調べてまとめていますので、ゴールドカードでたくさんの特典を活かしてお得感を感じたと考えている人はぜひチェックしてくださいね。

スカイチームラウンジとは?

飛行機が出発する前は「ゆっくりとした空間で過ごしたい」「人が少ないところでギリギリまで仕事をしていたい」と考えている人も多いと思います。 そんな時に役に立つのが「デルタアメックスゴールド」。

デルタアメックスゴールドは、スカイチーム加盟の航空会社を利用すると無料でラウンジが利用できるので、ゆったりとした時間を過ごせます。ラウンジを利用するには、デルタアメックスゴールドと当日搭乗券をスタッフに提示するだけ。大きな手続きもないため、日本の航空会社と比べても引けをとらない充実したサービスが受けられます。

スカイチームラウンジは世界各国の600カ所以上にあるのも特徴で、海外出張や旅行の際にほとんどの主要空港にスカイチームラウンジがあるかといっても過言ではありません(公式サイト内で検索可能)。ラウンジを通常料金で利用する場合は約3,000円を支払う必要がありますが、デルタアメックスゴールドを持っている人なら0円で利用できます。

各ラウンジによって異なりますが、テレビルーム、フリーWi-Fi、雑誌や新聞、インターネット端末が設置されているので、出張で利用している人はパソコンを使って仕事ができたり、旅行で利用している人はゆったりとくつろげたりと快適な旅になるでしょう。

無料で食事やお酒を提供しているラウンジも多く、ちょっと小腹がすいたときや時間に余裕があるときなどに利用できます。お得な特典のためにカードを持つ方もいるほどです。

ラウンジの利用は出発予定の24時間前から利用できます。家に帰っている時間がない人、飛行機を乗り継ぐタイミングの待機時間を有意義に過ごしたい人などにピッタリのサービス。頻繁に出張がある人は1度検討してみるのもいいかもしれません。

スカイチームラウンジの魅力的なポイント

「ラウンジが使えるってことはプライオリティパス(空港ラウンジが使用できるプログラム)とスカイチームラウンジは一緒なのでは?」と感じる人もいるかと思います。しかし、デルタアメックスゴールドの特典として付いているスカイチームラウンジのサービスは異なります。 プライオリティパスは、会員ランク問わず同伴者がラウンジを利用する際は料金が発生。

一方、スカイチームラウンジはスカイチームが加盟している航空券をデルタアメックスゴールドで購入すると同伴者も0円で利用できるのでお得です。ただし、同伴者と利用するには同じフライトの必要はないですが、スカイチームの航空会社を利用しなければならない点は覚えておくようにしましょう。

同伴者もラウンジを無料にすることで考えられるメリットは、同伴者と待機時間を一緒にゆったりと過ごせるところ。自分はデルタアメックスゴールドを持っているけど、相手が持っていないから自分もスカイチームラウンジを利用しないという事態も防げ、一緒に優雅な待機時間を過ごせるでしょう。

また、海外出張場面だけ活躍するのではなく、家族でデルタアメックスゴールドを2枚所持している場合は、4名までラウンジを無料で利用できるため子どもと一緒にくつろいで待機できるので家族で持つのも良いかもしれません。

また、アメックスはラウンジを無料で使用できるだけでなく、手荷物無料宅配や航空便延長補償はもちろん、マイルが貯めやすいのも魅力的なポイント。さらに、デルタアメックスゴールドで年間100万円を使うと5,000マイルが給付されるので、マイルの還元率も良いといえるでしょう。

貯まったマイルは航空券に交換できたり、電子マネーとしての変換ができるため、使えば使った分だけお得になります。ぜひ、飛行機を頻繁に利用される人は、検討してみるのもいいのではないでしょうか。

スカイチームラウンジを利用するには?

スカイチーム加盟航空会社がフライトする国内線のファーストクラス、ビジネスクラスを利用する人は、デルタアメックスゴールドと搭乗券を見せると、搭乗する当日に専用ラウンジを利用できます。国際線のファーストクラスあるいはビジネスクラスを利用する人は航空券を提示するだけでOK。

ラウンジを使用するときの注意点として、利用できるのは「出発の時」のみという点。目的地に付いて利用はできないので覚えておきましょう。

例外として乗り継ぎの便を待っている間は利用可能です。 ただし、乗り継ぎで利用するクラスがファーストクラス、ビジネスクラスの人のみ。条件としてファーストクラスまたはビジネスクラスかつ、航空券を予約した人のみが対象となっています。飛行機を乗り継ぎする際はしっかりと予約をするようにしましょう。

また、同伴者(1名)も無料でラウンジが利用可能。同伴者はデルタアメックスゴールドを提示した人と一緒に搭乗しなくても大丈夫なので、旅行中は一緒に行動するけれど待機時間は個々で過ごしたいという人にもピッタリです。

スカイチームラウンジが使用できる空港リスト

ここでは、搭乗当日に搭乗券とデルタアメックスゴールドを提示すると無料で使える代表的な空港ラウンジを紹介しています。

バンクーバー

バンクーバー国際空港にあるラウンジは、2つのウィングから構成されているのが特徴。地元で調達された旬の食材を使った食事が楽しめるのも魅力的ポイントです。

北京

広々としたデザインが特徴の北京首都国際空港。フリーWi-Fiやパソコンの端末をつなげてネットを繋げるイーサネット接続ができるので、出張の場合でもストレスを感じることなく快適に過ごせます。

ドバイ

ドバイ空港ではフライト前はリラックスしてくつろいでほしいという気持ちを大切にしており、テレビルームやキッズルームがあるため家族旅行の際などには助かるでしょう。

香港

旅行中も健康を保つためヨガルームを設置しているので、フライト前に体をリセットすることができますよ。

シドニー

シドニー国際空港のラウンジでは、休憩、仕事、食事などをフライト前に全て済ませられるようにラウンジ内に全て用意して、充実した時間を提供しています。

イスタンブール

イスタンブールのラウンジではいつでもビュッフェを楽しめるのが最大の特徴。合わせてお酒も用意しているため旅行前の待機時間も楽しみたいという人にピッタリです。

ロンドン

ワインが飲める「ワインバー」マッサージが受けられる「ケインズスパ」を用意しています。フリーWi-Fiやシャワー等もあり、リラックスして過ごせると評判です。

まとめ

デルタアメックスゴールドは、無料でラウンジが利用できるほかにも優先チェックイン・搭乗はもちろん専用の荷物検査レーン、優先的な荷物の受け取り、席のアップグレードなど多くの特典があります。 年会費2万6,000円を払って1枚持っておくだけで、これだけの特典が受けられるのを考えると凄くお得なことが分かります。

なかでもデルタ航空やスカイチームと提供している航空会社を頻繁に利用する人は、持っていて損はありません。 さらに、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険も最高1億円は保証してくれるので、万が一のときの考えても安心して利用できるゴールドカードだといえますよ。ラウンジはカードによって使える場所やサービスが異なるので他のカード会社も見比べたうえで入会を決めることがおすすめです。

あわせて読みたい

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ