ステータスの高さで比較したおすすめのゴールドカード_HOME » アメックスゴールドカード比較 » アメックスカードはゴールドとグリーン、どちらが良い?

アメックスカードはゴールドとグリーン、どちらが良い?

持っているだけでステータスと言われるアメックスカード。中でも持っている方が多いのはアメックス・ゴールドと一般のアメックス・グリーンです。ここではアメックスカードを持つ場合、どちらがよりお得に利用できるのかまとめています。

アメックス・ゴールドとアメックス・グリーンの違い

年会費

ゴールド 29,000円(税別)
グリーン 12,000円(税別)

年会費はゴールドとグリーンでかなり違い、ゴールドが30,000円近くとなっています。グリーンは12,000円とゴールドの半額以下。金額にしておよそ17,000円の差があります。

入手方法

ゴールド HPから申し込み
グリーン HPから申し込み

入手方法はどちらも同じで、アメリカン・エキスプレスの公式サイトからの申し込みとなります。ただし申し込み資格はカードによって異なるため注意しましょう。

家族カードの年会費

ゴールド 1枚目は無料、2枚目以降は12,000円(税別)
グリーン 6,000円(税別)

家族カードの年会費はそれぞれ12,000円、6,000円となっています。グリーンはゴールドのおよそ半額ほど。しかしゴールドカードは1枚目の家族カードが無料となるため、2枚目を必要としないのであればゴールドカードのほうがお得です。

ポイント還元率

ゴールド 0.5 %~10 %
グリーン 0.5 %

ポイント還元率はゴールド0.5~10%、グリーン0.5%。ゴールドは購入金額や購入する品物によって還元率が変化するため、高額な買い物をする場合におすすめです。

海外旅行保険

保険金の種類 ゴールド グリーン
付帯条件 自動付帯 利用付帯
傷害死亡
後遺障害
自動:5,000万
利用:1億
5,000万
傷害治療 自動:200万
利用:300万
100万
疾病治療 自動:200万
利用:300万
100万
賠償責任 4,000万 3,000万
携行品損害 50万 30万
救援者費用 自動:300万
利用:400万
200万

海外旅行保険は付帯条件が異なり、ゴールドでは自動付帯ですがグリーンは利用付帯。そのためアメックス・グリーンは航空券や品物の購入に使用しないと補償が受けられません。 ゴールドは傷害死亡、後遺傷害は自動付帯だと5000万円、利用付帯だと1億円です。傷害治療や疾病治療も金額が100万円以上違うので、不安な方はゴールドカードを持っておくのをおすすめします。

国内旅行保険

保険金の種類 ゴールド グリーン
付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡 5,000万 5,000万
傷害後遺 5,000万 5,000万

国内の旅行保険はゴールドもグリーンも同じで、傷害死亡・傷害後遺どちらも5000万円の補償が受けられます。ただし利用付帯なので、航空券やショッピングはカードで精算しましょう。

ゴールドカードのみのサービス

オーバーシーズ・アシスト

海外旅行先で日本語サポートをしてくれるサービス。レストラン予約や医療機関の手配などにも対応しています。アメックス・グリーンにはグローバル・ホットラインという似たサービスがあるものの、こちらには緊急時の対応がありません。

航空便遅延費用補償(海外旅行)

飛行機が遅延した場合の臨時出費(宿泊料金や食事代)を補償してくれます。

キャンセル・プロテクション

突然のケガや入院をした際、予定していた旅行やチケットを購入したコンサートのキャンセル費用を補償してくれるサービス。

プリファード・ゴルフ

提携ホテルへの2泊以上の宿泊で、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド/ 1名分)が無料になります。

プライオリティ・パスの利用料が年2回まで無料

「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に登録すれば国内外700ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で年2回まで使えます。

ゴールド・ダイニング

ゴールドカード会員専用ウェブサイト「ゴールド・ダイニング by 招待日和」が利用可能。国内外約200店のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料となります。

レストラン優待

世界中から厳選した400施設以上のレストランで、飲食代金20%オフやボトルワインサービスといった特典があります。

ゴールド・ワインクラブ

ワインショップ・エノテカのソムリエやバイヤーに、ワインに関する質問や予算に応じたワイン選びを教えてもらえるサービスが受けられます。

京都特別観光ラウンジ

京都圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」を利用できます。圓徳院は重要文化財や国指定名勝の北庭、由緒ある小間の茶室等がある京都でも有名な寺院です。

コットンクラブ

丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB」で会員限定の特典が受けられます。飲食代金の割引やウェルカムドリンク付きシートの予約などを実施。

新国立劇場

オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇など、高水準の現代舞台芸術を上演している新国立劇場でさまざまな特典を利用可能。

会員誌(IMPRESSION GOLD)

国内・海外のトラベル情報や多彩なイベント記事、ホテルやレストランなどの優待情報が掲載されている会員誌を閲覧できます。

ゴールドカード会員限定イベント

会員限定のイベントに参加できます。

プラチナへのアップグレード

招待制でゴールドカードよりワンランク上の「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」にアップグレードできます。

アメックス・ゴールドとアメックス・グリーンを比較した結果

アメックス・ゴールドとアメックス・グリーンを年会費や各種保険、付帯サービスで比較した結果、より使いやすいのはゴールドカードという結果に。確かに年会費の高さや申し込み資格の厳しさはあるものの、保険での補償やポイント還元率などうまく使えばお得になるサービスが多いようです。

多彩な特典も付属しているため、フルに活用すれば払った分を差し引いてもプラスになるでしょう。アメックス・グリーンも他社のゴールドカード並みの補償はありますが、ゴールドに比べると特典・サービスが少なくやや見劣りする印象です。

サービスを考えるとゴールドカードがおすすめ

アメックスカードには多種多様な特典やサービスがあり、中には日本語での手配や傷害保険などお得なサービスも。ゴールドカード会員になると会員限定のイベントやVIPラウンジの利用、各施設における優待といった特典も多くあり、ステータスとして利用できるのが◎。

キャンセル費用の補償や航空便遅延補償などもしもの場合に備えたサービスも多くあるため、特典やサービスの質、幅広さを重視している方はゴールドカードを申し込んでお得に利用しましょう。

あわせて読みたいページ

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ