三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの年会費、取得条件などの基本情報、特徴、サービス内容、口コミ評判について紹介します。

国内VISAカードのパイオニア三井住友VISAゴールドカード

日本で初めてVISAカードを発行したパイオニアである三井住友カードは国内のクレジットカード業界を先導し、成長を積み重ねてきました。三井住友VISAゴールドカードはポイントプログラム、Webサービス、セキュリティなど総合的な評価が高く人気の高いカードです。

三井住友VISAゴールドカード

年会費 本会員 10,000円(翌年度以降は条件付で4,000円~10,000円)
家族会員1人目は初年度無料、翌年度以降は前年の買物利用回数が3回以上の場合無料
入会条件(申込基準) 原則として満30歳以上で安定継続収入のある方
※ゴールドカード独自の審査基準により発行
カード利用枠 50〜200万円

Insurance
保険

旅行保険

海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円

ショッピング保険

購入日の翌日から90日間、最高300万円)

Point
ポイントプログラム

ワールドプレゼント 1000円で1ポイント(有効期限ポイント獲得月から3年間)

提携国際ブランド

  • VISA
  • MasterCard

Benefits
特典・サービス

旅行

空港ラウンジサービス 全国28の空港でラウンジが無料で利用可能
旅館・ホテル宿泊予約 Relux 厳選した一流旅館・ホテルの会員制宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」の割引

ショッピング・エンターテインメント・ライフスタイル

通常カードの2倍のボーナスポイント 前年度のクレジットカードでの買物が50万円の場合、翌年度50万円買物すると100ポイントをプレゼント
ドクターコール24 24時間・年中無休の医師への無料電話相談(国内のみ)
カード紛失・盗難のサポートサービス 国内・海外でのカード紛失・盗難連絡を24時間年中無休でサポート

「マイ・ペイすリボ」利用で年会費を4,320円(税込)まで下げることが可能

三井住visaゴールドカードの年会費は、本会員は初年度無料で、2年目以降本会員10,800円(税込)です。この三井住visaゴールドカードの年会費を安くする方法があります。

  1. リボ払いサービスの「マイ・ペイすリボ」に登録して、年一回以上カードを利用すると翌年度の年会費が半額になります。
  2. 毎月の利用明細を確認する際に、会員サイトの「WEB明細サービス」にし、年間6回以上の請求があれば、本会員は1,080円(税込)割引されます。

つまり、本会員10,800円×0.5(半額)-1,080円=4,320円になります。年会費を4,320円(税込)まで下げることができます!

三井住友visaゴールドはセキュリティがすごい

三井住友visaゴールドカードはセキュリティも万全です。ここでは、セキュリティの内容をご紹介します。

顔写真を使用したセキュリティシステム

三井住友visaゴールドカードが届いたら、「写真取替申込書」を提出すると顔写真付きのカードが取得できます。顔写真付きのカードをお店で使用すると、店員は顔写真と利用者が一致するか確認をします。そのため顔写真と別の人物がカードを使用した場合は、一目で判明するので、大きなトラブルに巻き込まれなくなります。万が一カードを落として紛失しても、顔写真付きのカードであれば、拾った人や犯人はカードを不正に使用するのを躊躇います。顔写真があるだけで、本人が利用しているなとわかりやすくなるので、安全や信頼が高まります。

カードの不正利用を補償

インターネットが普及するようになり、第三者がクレジットカードを不正に使用して損害を受けてしまうことが増えてきました。そんなときでも三井住友visaゴールドカードは、損害額を保証する「VpassID安心サービス」があります。損害を受けた際に、届け出をした日から60日間前まで保証されます。この保証サービスを受けるには、事前にカード会員サイト「Vpass」に登録する必要があります。また、24時間年中無休でフリーダイヤル(0120-919-456)でも相談することが可能です。

24時間365日の不正検知システム

三井住友カードは高水準の不正使用検知システムを持っており、カードが不正使用されていないか365日24時間モニタリングしています。不審なカード取引を検知すると、その取引をストップしカード会員に直接連絡して本人の利用なのか確認をとります。こうしたきめ細やかな動きが、カードを不正利用されるのを防ぎます。使用者としては安心できるのでありがたいですよね。

三井住友VISAゴールドカード利用者の口コミ

年会費・コスパについての口コミ

パルテノン神殿のデザインがカードの金色にピッタリでお気に入りのカードです。宝塚歌劇団、ユニバーサルスタジオジャパンなど多くの優待があるので小さい子供のいる我が家にとって、メリットが多く、なくてはならない存在です。サービス内容の割に年会費も安く、条件によって選べるので、とても使いやすいです。

このカードのメリットはweb明細とマイ・ペイすリボを利用すると年会費が半分以下になるとことですね。4,000円の年会費で維持しているのでコスパも高く、マスターとの2枚持ちでも年会費が変わらないところもポイント高いです。コスパ・ステータス・安心感の揃った末長く使って行きたいカードだと思います。

私がこのカードを持っているのは三井住友のステータスがあり、ゴールドなのに年会費が安い、空港ラウンジサービスがあるからです。もちろんリボ払いとウェブ明細で年会費は4,000円です。どこに出しても恥ずかしくない、一目でわかるゴールドカードを持ちたい方にはおすすめです。

カードデザイン・年会費・ステータス・使える場所・保険など総合的に見てバランスがとれているので、三井住友VISAゴールドカードを選びました。年会費は4,000円なのですが公共料金の引落しなどメインカードとして使用しているので年会費無料になっています。

使い勝手についての口コミ

「ゴールドカード」と言えば、多くの人がアメックスとVISAカードを頭に思い浮かべるのではないでしょうか。そういう意味で、ステータス感が十分あると思います。発行が遅いという難点はありますが、知名度もあるし年会費も安い。バランスの取れたとてもいいカードだと思います。(20代 男性 サービス業)

どうしてもゴールドを持ってみたいと夢見ていたところに招待状が届き、迷わず切り替えました。公共料金やコンビニなどもカードで払うので、年会費はポイント還元でカバーできます。カードを不正利用された時も、デスクの対応は素早く丁寧でした。毎月の使用金額もWEB明細で確認できるので、お金の管理がしやすいです。(20代 男性 IT関係)

アメックスのゴールドと三井住友VISAのゴールドを使っています。私の場合、海外旅行へ行くことが少ないのでVISAの方が年会費も安く使いやすいです。最近発行されたカードは色が濃く、以前の上品なゴールド色の方が気に入っていました。審査が厳しいと有名ですが、間違いなく信用できるカードだと思います。

カードのデザインについての口コミ

三井住友VISAのゴールドは、日本を代表するクレジットカードだと思います。特に、私は独特なデザインが好きです。このカードの利点は、WEB明細とマイ・ペイすリボで年会費が半額以下になることです。高還元のカードは場所も利用法も限定され、不満に思うことも少なくありません。還元率の違いはあっても、気持ちよくカードを使いたい方にオススメです。

「三井住友VISAゴールドカード」の実は知らない便利なサービス!

三井住友VISAゴールドカードは、毎月の支払額を自分で決める「マイ・ペイすリボ」の申し込みで年会費が割引されるのが特徴です。また、紛失・盗難時の不正利用を防ぐ顔写真入りのID・IC搭載カードを選べるのもポイント。その他、羽田・伊丹空港をはじめとする全国28ヵ所の空港ラウンジにてドリンクの提供サービスや、厳選された一流旅館・ホテルの会員制宿泊予約、国内外の旅行傷害保険が最高5,000万円付帯されるなど、充実したサービスが満載です。

会社情報

会社名 三井住友カード株式会社
設立 1967年12月26日
所在地 東京本社:東京都港区海岸1-2-20
大阪本社:大阪市中央区今橋4-5-15
ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ