三井住友visaゴールドカードの審査とは?

三井住友VISAゴールドカードを発行するために必要な審査条件やカード発行の流れ、カード発行に関するQ&Aなどをまとめています。これからカードを申し込もうと考えている方は、審査条件やカード発行までの流れを確認し、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友VISAゴールドカードの申し込み条件と利用可能枠

三井住友VISAゴールドカードへの申し込みに必要な条件は原則として「満30歳以上で、安定した継続収入がある方」となっています。年収に関して明確な記載はありませんが、年収500万円を超えていることが一つの目安と言われることが多いようです。カードの利用可能枠は50万~200万円。信用度によってその利用枠は変わってきます。

申し込み条件

年齢 満30歳以上
年収 安定継続収入のある方

利用可能枠

総利用枠 50〜200万円
カード利用枠(カードショッピング) 50〜200万円
リボ払い・分割払い利用枠 0〜200万円
キャッシング利用枠 0〜50万円

三井住友VISAゴールドカードの審査により確実に通るためには、日本の平均年収の420万から80万円程度超えている必要がありそうです。そのため、年収面だけで見ると審査に合格するための難易度は若干高めだと考えていいでしょう。

申し込みから発行までの流れとは?

三井住友VISAゴールドカードの申し込みから発行、カードが届くまでの期間の流れは以下のようになります。

カード発行の流れ

  1. WEBで申し込み
  2. 審査のステータスが「申込書類発送」になる
  3. 申込書類発送の連絡の電話
  4. 申込書類到着(銀行の届出印押印と入会申込書の記入)
  5. 申込書類の返送
  6. 審査完了のメール受信
  7. カードが到着

申し込み開始から郵便の往復があるので、カード発行までに半月ほどかかります。しかし、発行を急ぐ場合は特定の金融機関を返済口座に設定すると、最短で3営業日で発行が完了し、約1週間で手元にカードを用意することも可能です。

3営業日までに発行可能な金融機関

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • その他一部の地方銀行など

三井住友VISAゴールドカードの審査結果合否の傾向

ここでは審査を受けた結果、合格をもらった方と否決をもらった方の傾向について紹介しています。どのような傾向がある方が合格し、否決されたのかを参考にしてみてください。

  年代 職業 合否
審査ケース1  40代 会社員 否決
審査ケース2 40代 会社員 合格
審査ケース3 30代 会社員 合格
審査ケース4  30代 会社員 否決
審査ケース5    40代 会社員 合格

「審査ケース1」の男性の場合、銀行系のゴールドカードなので審査は優しいとは言えないため、同時期に複数のカードに申し込みが原因で審査に落ちてしまったのだと思われます。審査をする場合には、同じタイミングで別カードの申し込みは避けた方がよさそうです。

「審査ケース2」の男性はクラシックカード発行直後から初期与信枠が70万円あったようです。2ヶ月間の利用金額が5万もなかったようですが、ネットにてアップグレードを申請。すると、無事に可決したようです。クラシック入会時に初期与信枠が高めの方は、すぐにゴールドへ移行しても合格の可能性が高い傾向にあるのかもしれません。

「審査ケース3」の男性は、年会費が無料のクラシックカードから切り替えでゴールドカードを申し込み合格。ショッピング枠も70万から150万へと大幅にアップしたようです。年齢は30代ですがクラシックカードの利用歴があると信用度が高まり、合格しやすくなる傾向にあるのかもしれません。

「審査ケース4」はアメックスのプラチナカードやシティプラチナを持っている男性なのですが、審査の結果は否決となったようです。年収は800万円あるそうなのですが、安定継続収入とみなされなかったのでしょうか。もしかすると、30代という年齢から審査が厳しめになった可能性も。

「審査ケース5」の男性は1ヶ月ほど前に年会費が無料のクラシックAを申し込んだ際には断られてしまったそうです。しかし、ダメもとでゴールドカードに申し込んでみると合格。年会費がかかるゴールドカードは審査が若干甘い傾向があるのかもしれません。

三井住友VISAゴールドカード発行までのQ&A

Q. 三井住友VISAゴールドカードの審査基準は?

A. 定かではありませんが、「満30歳以上、勤続年数5年以上、年収500万円以上」と一般的には言われております。

Q. 審査状況について確認したい

A. ネットで申し込みをした方は、15ケタの申し込み番号を準備し、審査状況照会ページから確認できます。紙で申し込みをした方は、入会案内デスクへ電話で問い合わせることで確認可能です。

Q. 申し込みに必要な本人確認書類とは?

A. 運転免許証もしくはパスポート、健康保険証、住民票の写しのいずれか。運転免許証・パスポート・健康保険証に関しては、有効期限内である必要があります。

Q. カードを発送するというメールの後、カードはどのくらいで届きますか?

A. メールが送られた日から原則2営業日後に、カードが発送されます。

Q. クレジットカードを申し込みとどれくらいで届きますか?

A. インターネットでの申し込みなら最短約1週間。紙の申し込みの場合は約2~3週間です。交通系ICカード機能付きの場合は、上記であげた日数よりさらに1週間程度かかります。

まとめ

三井住友visaゴールドカードの審査で否決をもらった方には、同時期の申し込みや多重申し込みといった傾向が見られました。また、30代の方が多いという傾向も。合格をもらった方には、年会費無料のクラシックカードからの乗り換えを行なった方が多い傾向が見られました。

これらの傾向を見ると、三井住友visaゴールドカードの審査難易度は若干低めだといえるでしょう。

ただし、年収が高くてもなぜか否決された方もいるので、確実にゴールドカードの合格を狙うなら、まずはクラシックカードなどの年会費無料カードを作るのが良さそうです。その後カードを利用し、信用度を高めてゴールドカードへ申し込みをする方が、合否の傾向から見てもおすすめの方法といえるでしょう。

あわせて読みたい

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ