男のステータスを表すものランキング

男性が気になるステータスが高いものをまとめています。ランキング形式にしているので、1位~3位までチェックできますよ。

男のステータスを表すものといえば?

男性の間で話題のステータスが高いものをランキングにしてピックアップしました。高級車をはじめ、ブランド時計、ゴールドカードの中でステータスの高い会社もまとめています。また、女性が結婚したいと思っている職業もベスト3にしているので、要チェックですよ。WEB上での評判をまとめているので、「ステータスの高い物を持ちたい」「そろそろ良い物を持ってもみようかな」と思っている方は1度目を通してみてくださいね。

高級車といえば?

1.フェラーリ

高級車といえはこれ!と誰もが言うほどのフェラーリ。1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「跳ね馬」の黄色いマークが特徴です。王族や貴族、映画俳優やセレブ達がこぞって乗るようになり、ブランドイメージが確立しました。値段は2,000万~4,000万円ほどと資産家や経済力のある人達しか購入できないような値段になっています。

2.ロールスロイス

最高級クオリティを持つロールスロイス。世界中のセダンの中でもトップクラスに入るほどの性能を持っています。忙しいビジネスマンや企業家などの送迎車として利用されており、走行中は車内・車外どちらも無音ともいえる静けさが特徴です。ロールスロイスの中でも上級グレードの「ファントム」は5,000万円以上の値段となっています。性能・見た目の他に、富裕層しか手に入れられないような値段がステータスとされているのでしょう。

3.ランボルギーニ

スポーツタイプをベースとし、ドライバーのための車と言われているランボルギーニは最上級クラスの車で、2,000万~4,000万円ほどする超高級車。最高速度350km/hの速さ以外に芸術品のような見た目も魅力です。値段はもちろん、性能や見た目の美しさからステータスの高い車だとされています。

高級腕時計といえば?

1.ロレックス

知らない人はいないというほど有名な時計ブランドロレックス。「世界最高峰の高級実用時計」をテーマに、世界初の全回転式自動巻き機能や防水腕時計などを開発してきました。予算は70万~100万円となっています。その高価な値段や知名度の高さから、ステータスの高い時計とされているのでしょう。

2.オメガ

スイスの時計界で有名な、信頼性の高いオメガ。本格的なダイバーズウィッチである「シーマスター」をはじめ、月面着陸に同行した「スピードマスター」などが有名です。予算は30万~80万と値段にも幅があります。あらゆる場面を経験してきたからこその信頼性がステータスに繋がっているのでしょう。

3.タグホイヤー

1/100秒ストップウォッチを開発したことで有名なタグホイヤー。F1やオリンピック、インディカーレースなどのスポーツ大会の公式時計になったことも。その技術力をもとに、新ジャンルを開発し、市販モデルにおいても高性能な時計を続々と生み出しています。その性能性や予算50万~70万円といった値段の高さから、ステータスの高い時計とされているようです。

女性の憧れ!結婚したい職業は?

1.公務員

「安定性」を取ると右に出る職業はない程の公務員。倒産・解雇といった将来的な不安がないため、結婚後も安心して暮らせることが人気の理由の1つ。更に平均年収が600~630万ほどと、文句なしの給料であることから、女性に人気の職業第1位となっています。

2.医者

「医者といえば高収入」という印象から、ランキング2位に入っています。平均年収は1,400万円と他の職業よりもダントツで高いのが魅力。収入の他にも、社会的名誉が高く女性にとっては理想の結婚相手となっています。

3.弁護士

高収入かつ社会的名誉が高いことから3位にランクインした弁護士。滅多に出会うことができない、レアな職業であるのも魅力です。法律事務所や地域などによって収入額は変わりますが、平均年収は1,100万円ほどとなっています。

ステータスの高いゴールドカードは?

1.アメックスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスは国際ブランドであり、ワールドワイドなカードです。海外での評価も高く、ステータス性でいうと群を抜くほどの高さを持っています。年会費は29,000円と高額なので、年会費無料や低価格のカードに比べてステータスの高さは一目瞭然です。

2.ダイナースクラブカード

日本で初めて設立されたクレジットカード会社であるダイナースクレジットカード。1990年代までは弁護士や医師、大企業に勤めている人といった富裕層しか手に入れられなかったカードです。ステータスの高さやサービス・優待が多いことなどメリットが豊富。年会費も22,000円と高めに設定されています。

3.JCBゴールドカード

プロパーカードであるJCBゴールドはブランドイメージを確立するにあたって、特別なサービスを提供することがあります。国内ではステータスが高く、保険の条件やインビテーション(カードの招待)などが受けられるのが特徴です。取得難易度も高く、年会費は10,000円と高めの設定となっています。

ステータスでみた共通点

価格の高さ

ステータスを重視する男性が多い世の中。今回紹介した時計や車、職業やカードから見た共通点に、「価格の高さ」がありました。車でいうと2,000万~5,000万円のものがランクイン。時計だと30万~100万円のものが選ばれており、業界の中ではトップクラスの価格。職業でいうと、収入の高さに当てはめることができます。収入が高いと将来性や安定性があることから、女性からの支持が高くなっています。ゴールドカードは年会費が高いことがデメリットだと思いがちですが、「そのくらいの費用を支払うことができる」ステータスの高さになるのです。

知名度の高さ・社会的名誉

高いステータスとしてランクインしたものの共通点に「知名度の高さ」や「社会的名誉の大きさ」などがあります。時計や車はロレックスやフェラーリといった誰もが知っているほど知名度が高いものが挙げられていました。

職業に関しても、安定性が抜群なのは公務員。収入が高い職業といえば医者。というように誰もが口を揃えていうほど知名度や社会的名誉の高い職業がランクインしています。

ゴールドカードも、国際的に有名なアメックスゴールドカードをはじめ、ダイナースクラブカードやJCBカードなどビジネスマンや富裕層の間では知らない人はいないというほど知名度が高いカードが上位に。知名度の高さがステータスの高さに影響を与えていることがわかります。

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ