海外のアメックスゴールドカードは日本のものと違う?

同じアメックスゴールドカード(アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード)でも、日本のものと海外のものとでは違いがあります。海外旅行をする場合などに海外のアメックスカードを利用したほうが得になることはあるのでしょうか?

ここでは日本と海外のアメックスゴールドカードの違いを解説しています。

日本とアメリカのアメックスゴールドカードはなにが違う?

日本とアメリカにおいて、アメリカンエキスプレスが発行するゴールドカードは「ポイントサービス」「年会費」の点で異なります。くわしく見ていきましょう。

ポイントサービス

アメリカンエキスプレスのカードを利用すると航空券やホテル宿泊に利用できるポイントが溜まっていきます。カードの利用時以外にも、ポイントが受けとれるサービスがいくつかあり、日本とアメリカではこのサービスに違いがあります。

例えば「デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」の場合、日本だと入会時に最大16,000マイルが受け取れるのに対しアメリカだと0マイル。またカードを利用した際に追加特典としてつくポイントサービスは、日本だと50万円の利用で5,000マイルがもらえます。

アメリカだと1,000ドルの利用で50,000マイルです。このように日本とアメリカでは同じアメックスのゴールドカードでもポイントサービスに違いがあります。

年会費

日本とアメリカのアメックスゴールドカードは年会費の点でも差があります。日本のゴールドカードは年会費が29,000円。アメリカだと195ドルです。為替の状態にもよりますが、1ドルが110円ほどと考えると195ドルは21,450円なので、日本の方が7,550円高いことになります。なぜ日本の年会費の方が高いのでしょうか。

アメックスは日本で最初のゴールドカードであり、「持っているだけでステータス」とされる時代があったことから年会費が高く設定されていると言われています。ただし現在では日本版でしか受けられない独自のサービスも豊富に設けられているため、年会費を比較しただけではどちらのコスパがいいのか言い切ることはできません。

アメリカ版アメックスゴールドカードは必要?

アメリカに旅行へ行く場合や留学・出張などで長期間海外に滞在する場合にもアメリカ版のゴールドカードを発行する必要は特にありません。日本のクレジットカードを海外で利用すると事務手数料が発生したり品物によっては購入できなかったりすることがありますが、アメックスゴールドカードにはそういったことがないためです。

世界中どこへ行くにも日本で発行してもらったアメックスゴールドカードが1枚あれば事足りると言えるでしょう。

海外旅行にはアメックスゴールドカードがベスト

アメックスゴールドカードは日本版にもアメリカ版にもマイルが貯められたりホテルや航空会社をお得に利用出来たりと様々な特典がついています。

また、日本版アメックスカードを海外で使った場合でも、自動的に現地通貨での支払いが選択されるため為替手数料を取られる心配もありません。海外旅行する際の「航空便遅延費用補償」や「旅行傷害保険」も充実しています。

海外版のカードを発行しなくとも、日本版のアメックスゴールドカードで十分すぎるほどのサポートを受けることが可能なのです。

あわせて読みたいページ

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ