ステータスの高さで比較したおすすめのゴールドカード_HOME » マスターゴールドカード5枚を徹底比較&一覧解説

マスターゴールドカード5枚を徹底比較&一覧解説

クレジットカードの国際ブランドの1つであるマスターカード(Mastercard)は、世界シェア第2位の有名ブランドです。シェア数が高いので、加盟店舗数は世界中で3,800万店以上と、かなりの店舗でカードが利用できます。

カード名 年会費 入会条件 カード利用枠
MUFGカード ゴールド 基本会員:1,905円
家族会員:無料
18歳以上 200万円
ゴールドカードセゾン 基本会員:10,000円
家族会員:1,000円
18歳以上 300万円
UCカード ゴールド 基本会員:10,000円
家族会員:1,000円
25歳以上(年収500万円以上の方) 記載なし
Amazon MasterCardゴールド 基本会員:10,800円
家族会員:家族カードの発行なし
20歳以上 300万円
dカード GOLD 基本会員:10,000円
家族会員:無料
20歳以上 記載なし

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールドの画像

年会費 基本会員: 1,905円
家族会員:無料
入会条件 18歳以上
カード利用枠 200万円

MUFGカード ゴールドはココがおすすめ!

貯めて楽しいグローバルポイント

カードを利用するたびに貯まるグローバルポイントは、さまざまな商品と交換することができます。ポイントと交換できるカタログには、最新の電化製品をはじめご当地酒、食品と幅広く、どれが良いのか迷うほどです。ポイント有効期間は獲得月から2年間に設定されているので、慌てずゆっくりポイントを貯めることが可能。ポイントカタログで先にお目当ての商品を決めると、ポイントを貯めるのが楽しくなりそうです。

全国の空港ラウンジサービス無料

MUFGカード ゴールドでは、全国にある空港ラウンジを無料で利用できるサービスがあります。国内線・国際線どちらにもラウンジが用意されているので、余裕をもって空港に早乗りしてもOK。搭乗時間までゆっくりと休める場所を確保できます。ソフトドリンクはもちろん、新聞や雑誌の閲覧も無料なので、暇を持て余すことはありません。ラウンジはカードの本会員だけでなく、本会員の家族全員が利用可能。ただし、ラウンジ利用時はカードの提示が必要なため、サービスを受けられるのは本会員の方と一緒にいるときだけなので注意が必要です。

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾンの画像

年会費 基本会員:10,000円
家族会員:1,000円
入会条件 18歳以上
カード利用枠 300万円

ゴールドカードセゾンはココがおすすめ!

セゾン会員雑誌「express」が無料で購読できる

通常は年間購読料が2,810円かかる会員雑誌ですが、セゾンゴールド会員になると毎月(7・8月は合併号)無料で購読できます。セゾンカードの会員に配られる会員雑誌の「express」では毎月特集が組まれていて、有名な方のインタビュー記事やおすすめの旅行先紹介など、バラエティに富んでいます。当たると嬉しいプレゼントが毎号用意されているので、毎月の楽しみとして応募してみるのも良いですね。

ちょっぴり贅沢を味わえる特別優待券

セゾンゴールドカードの会員になると、会員だけの特権としていろいろな優待券がもらえます。全国60カ所のホテルとゴルフ場で使える優待券が主で、通常料金よりも安く施設の利用が可能。浮いたお金の分を、普段ではできない楽しみに回すことができるので、ちょっぴり贅沢を味わえます。頑張った自分のご褒美として使えそうですね。

UCカード ゴールド

UCカード ゴールドの画像

年会費 基本会員:10,000円
家族会員:1,000円
入会条件 25歳以上(年収500万円以上の方)
カード利用枠 記載なし

UCカード ゴールドはココがおすすめ!

電話1本で海外の現地情報をさくさく入手

旅行や出張で海外に行く方におすすめなのが、海外アシスタンスサービスです。

日本語が話せるオペレーターがサポートしてくれるので、何か困りごとがあった際はとても頼りになります。このサービスは会員サービスのため、なんと通話料は無料。現地レストランでの予約や追加リクエストにも対応してくれるので、頼もしい旅のアシストとなってくれること間違いなしですよ。

チケット申し込みサイト「e+」で優先予約ができる

人気アーティストのコンサートやスポーツ観戦のチケットが予約できる「e+」にて、UCカード会員限定で優先的に予約を行なうことができます。人気の公演だと通常の予約ではなかなか取れないチケットが、優先予約を行なうことで取れる確率が数倍にアップ。イベントや観劇が好きな方には何とも嬉しい特典といえるでしょう。会員限定の優先チケットのジャンルは、コンサート・ミュージカル・お笑い・スポーツなどさまざまです。

Amazon MasterCardゴールド

Amazon MasterCardゴールドの画像

年会費 基本会員:10,800円
家族会員:家族カードの発行なし
入会条件 20歳以上
カード利用枠 300万円

Amazon MasterCardゴールドはココがおすすめ!

Amazonだからこそのサービスが盛り沢山

通販会社として有名なAmazonが発行している「Amazon MasterCardゴールド」。Amazon内で使えるポイントが買い物ごとに2.5%分も貯まるほか、映画やテレビ番組が見られるAmazonプライムが使い放題と、独自で打ち出しているサービスで使える特典が魅力的です。ショッピングでAmazonをよく利用するならぜひ持っておきたい1枚と言えるでしょう。

通常のAmazonページ同様に、Amazon MasterCardゴールドについてレビューが書かれています。実際に利用している方の口コミを確認したい方は、Amazon MasterCardゴールドのAmazonページをチェックしましょう。

無料の即日審査で当日からカード使用OK

早さが売りのAmazonですが、それはカード審査においても同じくスピーディー。ただし、即時審査を受けるための条件があります。それは、三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・その他一部の銀行、いずれかの銀行口座をAmazon MasterCardゴールドを申し込む際に開設していることです。決して難しい条件ではないので、すぐにカードを利用したい方はこの即時審査サービスを受けると良いでしょう。

dカード GOLD

dカード GOLDの画像

年会費 基本会員:10,000円
家族会員:無料
入会条件 20歳以上
カード利用枠 記載なし

dカード GOLDはココがおすすめ!

ドコモ携帯の毎月利用額から10%ポイント還元

携帯通信会社のドコモが発行しているカードなので、毎月発生する携帯代からでもポイントを貯めることができます。1,000円に付き100ポイントと還元率の高さが魅力的。

ほかにもドコモユーザーにうれしい特典として、dカード GOLDに加入すると携帯保証が3年で最大10万円がつくサービスがあります。10万円のスマートフォンを紛失した後、同機種・同一カラーのスマートフォンを購入した場合、10万円が丸ごとキャッシュバックされるサービス。ドコモならではの特典がいろいろあるので、ドコモユーザーにおすすめしたいカードです。

年間利用でお得な特典をGET

dカード GOLDには、入会2年以降から受け取れる特典があります。特典の内容は前年度の利用金額によって変わりますが、携帯割引やショッピングサイトの割引など、ジャンルはさまざま。カードの利用金額が100万円以上、200万円以下なら携帯割引が10,800円分。200万円以上なら携帯割引が21,600円分と変動があります。

マスターカードの概要

マスターカード自体はクレジットカードの発行を行っておらず、決済機能の提供を行っています。VISAと並んで加盟店の多いカードブランドで、「Priceless」というキャッチフレーズの広告を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

マスターカードの始まりは1966年。アメリカでマスターチャージカードとして生まれ、1979年に会社の名称変更とともにマスターカードという名前になりました。日本では1980年にVISAとともにスタートしたカードです。

世界シェアNo.2!多くの国と地域で使える利便性

マスターカードはVISAに次いで、売上高が世界シェアNo.2。それだけ多くの人がマスターカードを持っており、使えるショップも多いということです。

その加盟店はおよそ4,000万。以前はヨーロッパ以外の地域に弱いと言われていましたが、今では世界シェアNo.1のVISAと変わらないほどだと言われています。

キャッシングも可能なので、海外旅行の際に持っていると便利なカードでしょう。

マスターカード独自のサービスがある

自社でクレジットカードの発行を行っていないマスターカード。通常ならクレジットカードのサービスは発行するカード会社が行ないますが、マスターカードでは独自のサービスを展開しています。

「Priceless」というキャッチフレーズ通り、「お金では買えない価値あるもの=特別な体験や上質な空間」を味わうことを後押しするようなサービスが売り。

なかでも代表的なサービスが「プライスレス・シティ」です。地域の見どころを体験できるサービスで、世界中の都市でさまざまな優待が受けられます。例えば一般の人が目にする機会がない舞台裏の見学や人気イベントのチケット確保、ショッピングでの特別割引・ポイント付与など、カード会員だけの特別サービスが盛りだくさん。

このサービスはカードの発行会社に関わらず、マスターカード会員なら受けられます。

マスターカードを持つ前に…知っておきたい注意点

空港のラウンジ無料サービスや独自の会員優待券が受け取れるマスターカードは、便利ですが注意するべき点もあります。マスターカードを契約する前に、押さえておきたい注意点をまとめました。

1.一般カードに比べて年会費が高い

一般のカードに比べて、サービスが手厚いマスターカード。海外情報を電話1本で受け取れるサービスやプライスレス・シティなどのサービスはとても魅力的ですが、その分年会費は平均10,000円と高めに設定されています。サービスを存分に利用するなら安いくらいですが、利用頻度が少ない場合は少し高めに感じるかもしれません。

2.マスターカードにはプロパーカードが存在しない

他企業と提携せず独自に発行するカードのことを、プロパーカードと言います。マスターカードは独自にカードを発行していないので、プロパーカードを所持することができません。プロパーカードは一種のステータスとして好まれているので、ステータスにこだわっている方には物足りなく感じる可能性があります。

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ