HOME » ゴールドカードのお得で賢い活用法 » ゴールドの審査基準が下がっているのは本当か

ゴールドの審査基準が下がっているのは本当か

入会審査がゆるくなったと言われる最近のゴールドカードの審査基準について解説します。

ゴールドの審査基準は下がっている?

ゴールドカードの審査は厳しいと思っている方が多く、ゴールドカードを持ちたくてもあきらめているという方も少なくありません。

以前の審査基準

確かに2000年くらいまでのゴールドカード審査基準は年収500万円以上、年齢30歳以上というクレジットカードがほとんどでした。

平成14年の国税庁による「1年を通じて勤務した給与所得者」によると、年齢別の平均年収は25~29歳で348万円(男性380万円、女性297万円)、30~34歳で419万円(男性469万円、女性310万円)、35~39歳で478万円(男性558万円、女性305万円)となっています。仮にゴールドカード取得可能な年収が500万円だとしても、30代であればほぼ問題ないと言われていました。

現在の審査基準

最近では年齢基準を20歳以上や25歳以上に下げ、年収についても安定的な収入がある方という表現に変わってきています。

これは巷にゴールドカードが増え、日本だけでも100種類以上のゴールドカードが発行されているという中、ゴールド会員向けの特典やサービスを充実させていくために、カード会社ではゴールドカードの会員数を増やして年会費で収入を増やそうとしているからなのです。

そのため、最近はそれほど高い年収でなくてもゴールドカードを発行してくれるクレジットカード会社が増えています。

ゴールドカードは一般カードよりも審査基準が高い

ゴールドカードを取得しやすくなったとはいえ、利用制限金額が高かったり、種々の特典やサービスのあるゴールドカードは、一般カードを取得するよりも敷居が高いのは当然です。

では、ゴールドカードの審査に通るためには、どういう点に気を付けたらいいのでしょうか?

ゴールドカードの審査に通るには?

クレジットカードの審査は返済能力(Capacity)、資産(Capital)、性格(Character)という3Cに基づいて行われますが、ゴールドカードの審査に通るには過去のクレジットカードの利用履歴が重要になります。

そのためには「分割払い・リボ払いをあまり使わない」、「同系列のカードを使う」、「少額でもクレジットカートを利用」の3点を意識するようにしましょう。

その理由は…

  • 分割払いやリボ払いを多く使う…金銭的に余裕がないとみなされてしまう
  • 同系列のカードを使っている…今後も継続して使ってもらえる可能性が高く審査に有利になる
  • 少額支払いでもクレジットカード使う…クレジットカード会社はカード利用手数料で儲けているのでカード支払いの多い会員は評価が高くなる
ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ