JCBゴールドカードを使っている人の口コミ

ハイステータスの象徴でもあるゴールドカード。このページでは、JCBのゴールドカードを使用している人の口コミを紹介しています。日本のクレジットカードでありながらも世界シェア5位を獲得し、加盟店は世界190の国と地域で約3,000万店を誇るJCBのゴールドカードには、どういった口コミがあるのでしょうか。管理人からの総評も載せているので、参考にしてください。

JCBのゴールドカード利用者の口コミ

ポイント・還元率に関しての口コミ評判

ディズニーリゾートをよく利用するので入会しましたが、ポイントが10倍貯まるのでとってもお得です。ディズニーリゾートの電話予約の対応もスムーズにできて大満足。学資保険もカード払いができるので年間利用クラスも確定しました。旅行や買い物でもポイントが貯まりやすいところがカード利用頻度の高い私にはピッタリの一枚ですね。貯まったポイントをディズニーチケットに換えたりもできるので、子供がいてもいなくてもディズニーリゾート大好きな人は作っておいて損のないカードだと思います。

枯山水的デザインは好みの分かれるところだと思いますが、けっこう地味で気に入っています。Oki Dokiランドを使うとポイントがけっこう貯まり、スターバックスカード入金でポイントが5倍というところも良いですね。高額貴金属の決済でも問題なく使えましたし、海外でも対応している店舗が増えてきているので、今のところメインカードとして十分使えています。

年会費無料の楽天カードを使っていましたが、歳とともにステータスという言葉にあこがれを感じるようになり作りました。他のカードに比べると1ポイントあたりの金額が違うので損をした気分になりますが、「えっ、これポイントで還元できるの?」って思うくらいお得な景品もあるので悪くないと思います。(20代 男性 技術系)

ポイントが貯まりやすい点は非常に満足しています。ネットでショッピングをよくするので、ショッピングモールがあることも良いですね。職場に在籍確認があった時の電話対応から対応がとても丁寧で、すごく好印象でした。JCBのゴールドカードは年間の決済額によっては家族みんなで旅行に行けるほどポイントが貯まるので、家族サービスもできるカードです。

旅行・保険に関しての口コミ評判

旅行好きなので、国内旅行・海外旅行保険の金額に惹かれ会員になりました。国内外旅行の区別無く、カードを持っているだけで死亡・後遺症保険金額が最高5,000万円も出て、カード利用の場合は海外旅行で最高額が1億円と、年会費で比べたら他に類の無い好条件のカードです。海外で病気や怪我の治療をした場合も最高300万円まで保障されています。カードを持つ前は海外旅行のたびに保険料を1万円ほど支払っていたことを考えると、とてもお得なカードですね。

他社の同じランクのゴールドカードと比較するとE&C特典がプラスされ、付帯保険も充実。国内決済に関しては無敵。海外でも東アジア・東南アジアならほとんど問題ありません。アメリカ、ヨーロッパでは使えないところもあるので、VISAなどをサブカードにするといいでしょう。 このカードの一番凄いところは招待プレミアムカードがあるところで、ゴールド、THE プレミア、THE CLASSと上がっていきます。超プレミアのJCB THE CLASSを目指す人は、まずJCBゴールドカードを持つことをおすすめします。

国内外の旅行保険の手厚さに惹かれて入会しました。利用の有無に関係なく、死亡・後遺症保険金額が最高で5千万円付きます。しかも、海外旅行にカードを利用した場合は保証額が1億円に上がります。年会費10,800円で比較しても、他社にはない条件です。ポイント還元率に関しては魅力を感じないので、還元率の高い他のカードをメインにする予定です。

使い勝手に関しての口コミ評判

カードフェイスがかっこよく、海外に行く機会がほとんどない私にとって最強のカードです。国内でこのJCBが使えない店は、まずないでしょう。アメックスやダイナースよりステータスは劣りますが、それなりに満足しています。ポイントの有効期限が2年で切れてしまうのはどうかと思います。(40代 男性 専門職)

楽天ゴールドからJCBゴールドにメインカードを変えました。ポイント還元率はイマイチですが、見やすいWEB画面とトラベルデスクの旅行予約がカードで決済できるのが決め手です。2年目から1万円を払う価値はあります。旅行予約は満室でもできますし、すぐ決済できるので手間が省けます。さすがJCBです。

海外ではマスターカードやAMEXが一般的。ですが、JCBも提携しているDISCOVERステッカーが貼られている店や、何も張られていないところでも利用できる場所が意外にあります。大体は事前にWEBで予約や決済をすることが多く、リゾートの滞在が中心というのも関係しているかもしれません。また、今回の旅で自動販売機までクレジットカードが使えるということを学びました。

北米旅行でJCBのゴールドカードを利用しました。アメリカがクレジットカード社会というのは本当で、スーパーやショッピングセンターはもちろんのこと、日本人がよく訪れるような場所は売店や露店でもカードが使えます。ディズニーランドの本場フロリダのスポンサーはVISAなので使えるか不安でしたが、問題なく使えたので良かったです。

対応の良さに関しての口コミ評判

「ゴールドカードの中では限度額が低めの設定」と聞いていたJCB。私の枠は70万円でした。たまたま数ヶ月ほど出費が重なって一時増枠を利用していたのですが、不便に感じカード自体の増枠を依頼。利用者側からの要望では見直しはしていないと言われ半ば諦めていたのですが、数回お願いしてみたところ、なんと増枠してくれました!限度額まで使っていたのがアピールになったと思います。

JCBゴールドカードの総評

JCBゴールドカードを利用している人の口コミを見てみると、日本のクレジットカード会社だけに海外旅行などで戸惑いを感じた人もいるようですが、それでも不便をしないほどに加盟店が増えているようですね。 アメリカのクレジットカードであるDISCOVERとも相互に加盟店を開放しているので、JCBに直接加盟している店舗でなくても問題はありません。アメリカではクレジットカードを使った買い物はごく一般的なため、ステッカーが無くても利用できる店舗が多くあります。ポイントの還元率が良く、利用状況によっては年間で家族が小旅行に行けるほどポイントが貯まるようですね。このチャンスを家族サービスに捧げ、懐を痛めずに家族からの信頼を得る、ゴールドカードの上手な利用者もいるようです。

ひとつ気を付けておきたいのが、クレジットカードの利用額に関しては、利用者側からの申請では増枠できないのが一般的な点。今回のケースでは一時増枠の回数が多く、利用方法にも不備や問題が無かったことから申請が通ったのかもしれません。クレジットカードヒストリーを育てておくことは信頼を重ねることに直結するため、上位カードへの変更を視野に入れているのなら計画的な利用を心がけておきましょう。

あわせて読みたいページ

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ