2枚持ちが最もおすすめな理由とは

クレジットカードは2枚持ちがおすすめ

ひと昔前と違って現在では、ほとんどの人がクレジットカードを持っています。複数のカードを持っているという人も多いでしょう。その利点を紹介します。

クレジットカード2枚持ちの利点とは

クレジットカードは、カードごとに異なる特典が付いています。2枚所持して、用途によって使い分けることができれば、より多くの特典を効率的に受けることができるのです。

そもそもクレジットカードには、大きく分けて2種類のカードがあります。クレジットカード会社が発行している「プロパーカード」と、企業などと提携して発行している「提携カード」です。セールスポイントが明確に異なる2種類のクレジットカードを1枚ずつ所持すれば、両方のメリットを得られます。

3枚所持することでさらにオトクに

クレジットカードのメリットを把握して使うことができれば、3枚持っておくと良いでしょう。優先したい項目を選択して目的に応じてクレジットカードを使うと、生活の中でオトクな特典を得られます。クレジットカードで特典を受ける理由を明確に洗い出すことができる人向けの持ち方です。

マニア向けの複数持ち

3枚以上のクレジットカードを持っている人は、もはやマニアの域に達しているでしょう。プロパーカードまたはゴールドカードをメインに集める人もいれば、マイルを効率良く貯めている人もいます。複数のカードを上手く使いこなすには、それぞれの特性について熟知する必要があります。

プロパーカードとは

クレジットカードの国際ブランド会社が直接発行しているクレジットカードが「プロパーカード」です。プロパー(Proper)の英単語には「特有」「固有」「正式」という意味があります。

有名なのは「アメリカンエキスプレス」「JCB」「ダイナーズクラブ」「VISA」「Master Card」ですが、国際ブランドのカード会社でプロパーカードを発行しているのは、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブだけ。厳密には、この3社が直接発行しているカードがプロパーカードなのです。

ただし、広義的にいえば国際ブランドのライセンスを持たないクレジットカード会社が発行するカードもプロパーカードと呼ばれることがあります。一般的には、「自社カードを発行している」クレジットカード会社のカードがプロパーカードという認識で問題ありません。

提携カードとは

国際ブランドとクレジットカードを発行する会社が提携して発行するのが「提携カード」。国際ブランドのライセンスを持つ会社が、カード発行会社に権限を付与して発行しています。アメリカンエキスプレスとセゾンが提携して発行しているセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは提携カードのひとつ。カードの種類によって、ポイントの付与率や専用のサービスなどが異なります。

提携カードはプロパーカードと比べてサービスの幅が広いのが特徴。プロパーカードは国際ブランドが独自に発行しているカードなので、受けられるサービスは一般的なクレジットカード機能と補償(ショッピング・盗難など)のみですが、提携カードは一般的なクレジットサービスに加え、カードを発行している提携会社の独自サービスがあります。

たとえば、ポイントの付与や特定の店舗での優待などを受けることが可能。ブランドは同じでも、発行する会社によってサービス内容が異なるのです。

プロパーカード&提携カード2枚持ちのメリットが最大化される理由

プロパーカードと提携カードの2枚を所持することで、最も効率よくクレジットカードを活用することができます。なぜなら、クレジットカードは特典に合わせて使う必要がありますし、それなりの金額を使わなければならないからです。

たとえば、100円で1ポイント貯まるカードで1,000ポイント貯めようとすると、100,000円を利用しなければなりませんが、複数のカードを持つと利用回数が分散してしまいます。

カードを複数持てば、いろいろなポイントが貯められて効率が良いと思うかもしれませんが、実は非効率。ゴールドカードとサブカードの2枚だけに絞って用途を明確にすれば、利用金額もポイントも無駄にせず使うことができます。

クレジットカード2枚持ちの注意点とは

クレジットカードを2枚以上持つ際に気を付けたい注意点を紹介します。

カードの管理について

複数のカードを管理する場合、それぞれのカードでいくら使ったかを把握する必要があります。無計画に使うと、いつしか返済が追い付かないほど利用額が増えてしまう可能性も。カードが増えるほど起こる可能性のある問題です。必要最小限のカードを所持し、こまめにクレジットカードの利用額を照会しましょう。

年会費について

各クレジットカードの年会費を把握する必要があります。永年無料なら問題ありませんが、初年度は無料で翌年から年会費が発生するカードも。年会費が発生するカードを複数持つと、カードの維持費が大きくなってしまいます。

盗難や紛失について

複数のカードを管理するのは結構大変です。常にカードの枚数を確認しなければ、盗難や紛失の被害に気付くのが遅れてしまうかもしれません。複数のカードを持つ場合は、注意深くカードを扱う必要があります。

特典の重複について

複数のカードを持つと起こりやすいのが、特典の重複。各カードで異なるとはいえ、ライバル同士なので特典がかぶりがち。1枚でも使いきれない特典を複数持ってしまうと、なおさら使いきれなくなってしまうのです。とくにプロパーカードの特典はかぶることが多いので気を付けましょう。

注意点に気を付ければ問題なし

クレジットカードを2枚以上持つ場合に注意したい点について紹介しました。注意点をおろそかにしてしまうと、問題が起こる可能性があります。とはいえ、注意点をしっかりと守りさえすれば特に問題はありません。

ポイントとしては、自分で管理できる枚数のカードを所持すること。そうすることで、効率的にクレジットカードをオトクに活用できるのです。

【用途別】2枚持ちにおすすめのゴールドカードと組み合わせ

複数枚持つことには、それぞれのカードの付帯サービスや特典を同時に受けられるというメリットがあります。そこで重要となるのがどのカードと組み合わせるかということ。

よりお得で賢くショッピングや旅行を楽しむために、おすすめのクレジットカードの組み合わせを用途別に紹介しています。「ゴールドカードを1枚持っているけど、別のカードの特典も気になる」という方はぜひ参考にしてみてください。

マイルを貯めるならこの2枚

マイルを貯めるなら「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」+「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の組み合わせがおすすめ。

マイル系カードと言えば、アメリカン・エキスプレスのスカイ・トラベラー・カード。しかし、スカイ・トラベラー・カード1枚あれば他のカードは不要だと考えるは大間違いです。 マイルには、搭乗した距離に応じて付与されるフライトマイルというものがありますが、スカイ・トラベラー・カードにはこのフライトマイルがありません。そこで登場するのが、ANA・アメリカン・エキスプレス・カード。アメックスがANA利用者向けに発行しているカードで、ANAグループの便を利用すると通常のフライトマイルに加え、搭乗する度にボーナスマイルがプレゼントされます。

つまり、提携航空28社の航空券、対象2社の旅行代理店で通常の5倍のポイントが貯まるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードと、ボーナス付きのフライトマイルが貯まるANA・アメリカン・エキスプレス・カードの2枚持ちで、ショッピングとフライト、両方でお得にマイルを貯めることができるのです。

※ANA便を利用する方に限ります。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
主な特徴 提携航空15社のマイルを自由に移行できる
貯めたポイント・マイルの有効期限は無期限
提携航空28社の航空券、対象2社の旅行代理店での商品購入はポイント5倍

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
主な特徴 ANAマイルを無期限で貯められる
ANAグループ便の利用で通常のフライトマイル+10%ボーナスマイルが貰える
ANAグループでの利用はポイント1.5倍

よく家族で旅行に行くならこの2枚

家族でよく旅行に行く方なら、「アメックスゴールドカード」+「リクルートカード」の組み合わせがおすすめ。

言わずと知れた国際ブランドで、特に海外旅行の際に力を発揮するアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。最大1億円の海外旅行傷害保険や国内外約200店舗の提携レストランでのお食事1名無料、世界600ヶ所以上の空港ラウンジが利用可能、さらに提携旅行予約サイトの利用で旅行代金が最大8%OFFなど、旅行を楽しむための嬉しい特典が満載です。

そして、サブカードとしてぜひ活用したいのが、国内旅行に強いリクルートカード。国内大手の宿泊予約サイト「じゃらんnet」での予約・宿泊でポイント2%還元。リクルートカードで決済すると3.2%還元。さらに、旅行保険やショッピング保険も付帯するなど、旅行者の助けとなる特典が非常に充実しています。また、年会費無料(家族カードも含む)かつ通常ポイント還元率も1.2%など、基本スペックが高いのも魅力の一つです。

海外旅行に強いアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。国内旅行に強いリクルートカード。この2枚をうまく使い分けることで、家族での旅をより豪華に、そしてよりお得に楽しむことができるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
主な特徴 家族カードの年会費が1枚無料
国内外約200店のレストランでのお食事が1名無料
国内外の旅行予約で旅行代金が5~8%OFF
音楽や演劇などエンターテイメント性の高い優待特典が充実

リクルートカード

リクルートカード
主な特徴 年会費永久無料
ポイント還元率が1.2%と高い
家族カード無料
「じゃらんnet」や「ホットペッパー」でもポイントアップ

年会費をかけたくないなら

年会費をかけずに利用したいなら、「エポスゴールドカード」+「楽天カード」の組み合わせがおすすめ。 ゴールドカードといえば、通常年会費が数千円~数万円かかるのが一般的。エポスゴールドカードも通常だと年会費が5,000円かかりますが、ある特定の条件をクリアすれば年会費を永久無料にすることができます。

その条件というのが「インビテーションの取得」です。インビテーションとは、クレジット会社がカード所有者に対し、クレジットカードのアップグレードを付与する招待状のこと。エポスゴールドカードでは、このインビテーション受け取ることで、年会費を永久無料にできます。

では、どうすればインビテーションを受けることができるのか。残念ながらその明確な基準は公表されていません。ですが、ネット上の口コミによると、主に以下2つの条件を満たしていれば、インビテーションを受けられる可能性が高いとされています。

  • 支払いの延滞歴がない
  • 年間50万円以上の利用

そのエポスゴールドカードとの2枚持ちでおすすめなのが、楽天カード。年会費無料はもちろんのこと、楽天市場の利用ならいつでも4倍、街の加盟店でも最大3倍のポイントが貯まります。複数の電子マネーにも対応しており、幅広いシーンで活躍するカードです。

年会費無料かつポイントの有効期限がないエポスゴールドカードで海外旅行やその他豪華特典を受け、楽天カードではネットショッピングや普段のお買い物でどんどんポイントを貯める。カードの維持費をかけずにこれほどお得に利用できるのはとても魅力的ですよね。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
主な特徴 年会費永久無料(条件付き)
ポイント有効期限なし
ボーナスポイントが付くと還元率は最大1.5%
海外旅行傷害保険が自動付帯

楽天カード

楽天カード
主な特徴 年会費永久無料(家族カード含む)
楽天市場の利用はいつでもポイント4倍
街の加盟店で利用するとポイント最大3倍
複数の電子マネーに対応

保険をしっかりさせたいならこの組み合わせ

保険の充実度で選ぶなら「JCBゴールドカード」+「REX CARD」の組み合わせがおすすめ。 国内・海外どちらも旅行傷害保険が自動付帯で利用できるJCBゴールドカード。補償額も海外が最大1億円、国内が最大5,000万円と充実しており、ゴールドカードの中でもトップクラスの付帯サービスを誇っています。

一方サブカードとして活用したいのが、REX CARD。一般カードでありながら、年会費永久無料で、海外旅行保険が自動付帯で利用できる数少ないカードです。

この2枚の組み合わせの最大の魅力は、傷害保険の上乗せです。死亡・後遺傷害の補償に関しては複数のカードの中から一番高額な補償が適用されますが、その他傷害・疾病治療や賠償責任などの補償は上乗せをすることができます。さらに両カードとも、海外旅行保険は自動付帯であるため、旅行先でカードを使用していなくても自動で保険が適用されるのです。

例えば、旅行先で誤って他人を怪我させてしまい、被害者から損害賠償を請求された場合、JCBゴールドカードの賠償責任保険は1億円、REX CARDは最高2000万円なので、2枚合算で最大1億5,000万円の補償が受けることができます。 特に海外では、いつなにが起きるか分かりません。万が一に備え保険制度がしっかりしているカードを複数枚準備しておくこと良いでしょう。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード
主な特徴 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯・家族も対象)
国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
ショッピングガード保険:国内外最高500万円

REX CARD

REX CARD
主な特徴 年会費永久無料
海外旅行傷害保険:最高2000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)

ステータスを示すならこのタッグ

最高級のステータスを求めるなら「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」+「ダイナースクラブカード」の組み合わせがおすすめ。

ステータスカードの先駆けとして世界で最初に作られたゴールドカードであるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。日本で最も有名なゴールドカードと言っても過言ではないでしょう。 最大1億円の海外旅行傷害保険や、国内外30空港の空港ラウンジの利用が同伴者1名まで無料、その他富裕層向けのサービスが満載なゴールドカードです。

そのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと並び称されるのがダイナースクラブカード。世界で最初に発行されたゴールドカードがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、世界で最初に発行されたクレジットカードがこのダイナースクラブカードです。その品格の高さはアメックスを凌ぐとまで言われることも。対象レストランのコース料理が最大2名無料になる「エグゼクティブダイニング」や、フィットネスジムの会費が最大38%OFFになるなど特典も豪華。

世界最高峰の2枚のゴールドカードを持つことで、単なるお金持ちの称号だけでなく社会的信用をも示すことができます。特にアメリカのようなカード社会では、クレジットカードでの支払いが相手に自分のステータスを示す行為の一つとなるのです。 カードが人を選ぶと言われるほど品格の高い両カード。取得するにも厳しい審査を通らないといけないため、そもそも所有すること自体に最大の価値があると言えるのではないでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
主な特徴 初年度年会費無料
国内外30空港の空港ラウンジの利用が最大2名まで無料
海外旅行保険は最大1億円

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
主な特徴 フィットネスジムの会費が最大38%OFF
有名レストランのコース料理が最大2名まで無料
国内外の旅行保険が最大1億円

クレジットカードの2枚持ちまとめ

クレジットカードを2枚持ちするうえで重要なのは、自分の用途に合った組み合わせ方法を知っておくこと。安易に「年会費が無料だから」「ポイント還元率が高いから」といった理由だけで選ぶのは賢い選択とは言えません。特典サービスの重複やカードの維持費など、知らないと逆に損してしまう恐れもあります。

それぞれの特徴をしっかりと理解し、お互いの良いところをうまく組み合わせることができれば、よりお得で便利に活用することができます。 クレジットカードの2枚持ちを上手に活用し、普段の生活をより豊かにしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたいページ

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ