必要な年収

ゴールドカードを取得するためにはどのくらい年収が必要なのか解説します。

高年収でないとゴールドカードは持てない?

ゴールドカードを持ちたいけど、高年収や社会的地位が必要だから自分には無理とあきらめている方が、けっこう多いのではないでしょうか?

確かにひと昔前は年収、勤続年数、年齢などの条件を明記しているカード会社が多かったのですが、最近ではそのようなカード会社は少なくなっています。どういう審査の基準があるのかについてはカード会社にしかわからないのですが、以前よりは審査基準がゆるくなっているようです。

ゴールドカードが持てる年収の目安は?

ゴールドカードの具体的な審査基準は公開されていませんが、ゴールドカードを取得した人のデータからおおよその年収基準を予測することができます。統計結果によると、20代のゴールドカード取得者の平均年収は約300万円、30代では400万円程度です。これくらいの年収であれば多くの人が条件を満たしているのではないでしょうか?

ひと昔前のゴールドカードの審査基準は今より厳しいものでした。年収は500万円以上であることが必須。さらに、満30歳以上で勤続年数が5年経っている人ではないと取得できませんでした。

これらの厳しい条件をクリアしている日本人はそんなに多くなかったため、ゴールドカードを持っている人は、周囲から「高いステータスの人」とみなされていたのです。

今では比較的取得しやすくなったゴールドカードですが、取得するときの年代で年収基準が大きく異なっています。歳を重ねるほど年収基準が厳しくなってくるため、若いうちにゴールドカードを作っておくことがおススメです。

ゴールドカードの審査難易度を知るコツ

昔より取得しやすくなったとはいえ、カード会社によって審査基準に差があります。「もしかしたら審査で落ちるかも…」と不安に感じている人は、比較的審査基準が甘いカード会社のゴールドカードを作ると良いでしょう。下記の項目では、審査難易度が低いゴールドカードを見分けるコツについて紹介しています。

審査難易度を知るコツ1:申込資格の年齢

ゴールドカードの申込資格をチェックすると、20歳以上や25歳以上など申込資格を持つ具体的な年齢が記載されています。カード会社によって年齢の基準はバラバラです。記載されている年齢が若ければ若いほど審査基準が甘くなる傾向にあります。なぜなら、年齢によって平均年収が異なり、特に若い人の平均年収が低いからです。

平均年収は歳を重ねるごとに上がっていきます。このことからも、審査基準が25歳のゴールドカードより20歳のほうが審査難易度が低いと言えるのです。

年収が低くて審査が通過できるかどうか心配な方は、申込資格に記載されている年齢がより若いほうを選んでください。現在の審査基準になってからは、年収が低くても審査に通る可能性が十分にあります。年収が200万円程度の方でもゴールドカードの審査に通過した実例があるそうです。審査資格の年齢を見れば求められるおおよその年収が分かるので、ぜひチェックしてみてください。

審査難易度を知るコツ2:入会キャンペーン

入会キャンペーンをしているかどうかも審査難易度が低いゴールドカードを見分けるコツの1つです。キャンペーンを行なっているということは、入会特典を進呈してでも新規の会員を欲していると予想できます。積極的に新規会員を募集しているため、審査難易度を甘く設定している可能性が高いのです。

特に審査難易度が低いのは「初年度年会費無料」のキャンペーンを実施しているゴールドカード。ゴールドカードの年会費は通常のクレジットカードと比較して高額ですが、キャンペーンを行なうことによって手が届きやすくなります。カード会社は初年度年会費を無料にしてでも、いろんな人にゴールドカードを使ってみてほしいのです。

このようなクレジットカードは新規会員を歓迎してくれる傾向があるため、審査難易度が比較的低いと言えます。

審査難易度を知るコツ3:即日発行が可能

ゴールドカードは通常のクレジットカードよりも限度額が高額であるため、より慎重な審査が必要となり審査期間が長いのが一般的。ですが、即日発行が可能なものも存在します。そのようなゴールドカードの場合は審査基準が細かく設定されていない可能性大。

即日発行が可能なゴールドカードの場合、比較的審査基準が緩めに設けられていると判断できます。審査に通過できたら即日発行され、数日でゴールドカードを手に入れることが可能です。

ちなみにオンラインでゴールドカードの取得の申請を行ない引き落とし口座を設定すると、最短で発行できます。申請書に捺印・提出などの手続きを省くことができるため、その分の時間が短縮。カード会社によって即日発行するための条件が異なるので、事前にチェックしておきましょう。

カード審査に落ちる原因

審査に落ちる原因についてもカード会社にしかわからないのですが、こちらも統計上から調べた結果によると、利用額が年収の33%を超えていると審査に落ちるようです。

平均よりも年収が著しく低い人も審査に落ちる可能性が高く、自営業の場合は営業年数が少なかったり、赤字だったりすると審査落ちするといわれています。

年収が低くてもゴールドカードが持てる!

以前はゴールドカードというと年会費1万円以上が普通でしたが、ニーズの多様化から最近は年会費が格安のゴールドカードも増えています。

中には一般カードと変わらない年会費1,905円(税別)というゴールドカードもあり、このようなゴールドカードは審査の基準が一般カードと同程度と言われています。高校生を除く18歳以上という条件が明示され、利用限度額は一般カードと同等の10万円となっているので、低所得者には利用限度額を低くすることで、カード会社のリスクを回避していると考えられます。

年収が低いけれどもゴールドカードを持ちたいという方は調べてみてはどうでしょうか。

この記事を見た人はこちらもチェックしています

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ