必要な年収

ゴールドカードを取得するためにはどのくらい年収が必要なのか解説します。

高年収でないとゴールドカードは持てない?

ゴールドカードを持ちたいけど、高年収や社会的地位が必要だから自分には無理とあきらめている方が、けっこう多いのではないでしょうか?

確かにひと昔前は年収、勤続年数、年齢などの条件を明記しているカード会社が多かったのですが、最近ではそのようなカード会社は少なくなっています。どういう審査の基準があるのかについてはカード会社にしかわからないのですが、以前よりは審査基準がゆるくなっているようです。

どのくらいの年収が必要なの?

ゴールドカード審査の具体的条件はわかりませんが、ゴールドカード取得者のデータ統計から年収の目安がある程度わかり、20代の年収は300万、30代で450万程度となっています。

年齢が上に行くほど、条件が厳しくなるので、もしゴールドカードを持ちたいなら、できるだけ若いうちに取得しておくことをおすすめします。

カード審査に落ちる原因

審査に落ちる原因についてもカード会社にしかわからないのですが、こちらも統計上から調べた結果によると、利用額が年収の33%を超えていると審査に落ちるようです。

平均よりも年収が著しく低い人も審査に落ちる可能性が高く、自営業の場合は営業年数が少なかったり、赤字だったりすると審査落ちするといわれています。

年収が低くてもゴールドカードが持てる!

以前はゴールドカードというと年会費1万円以上が普通でしたが、ニーズの多様化から最近は年会費が格安のゴールドカードも増えています。

中には一般カードと変わらない年会費1,905円(税別)というゴールドカードもあり、このようなゴールドカードは審査の基準が一般カードと同程度と言われています。高校生を除く18歳以上という条件が明示され、利用限度額は一般カードと同等の10万円となっているので、低所得者には利用限度額を低くすることで、カード会社のリスクを回避していると考えられます。

年収が低いけれどもゴールドカードを持ちたいという方は調べてみてはどうでしょうか。

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ