ゴールドカードとは

クレジットカードのひとつであるゴールドカードとは、どういうものなのかについて解説します。

ゴールドカードとは?

クレジットカードにはいくつかの種類がありますが、ゴールドカードはその中の1つで、一般的クレジットカードよりもグレードが上のカードのことです。カードの色が金色のものが多いのでゴールドカードと呼ばれています。

かつては収入、社会的地位、年齢などカード会社の審査が厳しく、ゴールドカードを持っていること自体がステータスになっていました。最近では、年会費無料のものや20代でも持つことができるゴールドカードもあり、ゴールドカードのステータスは以前ほどではなくなってきています。

しかし、今でも明らかにステータス性が高いゴールドカードは存在しています。

ステータス性の高いゴールドカード

ゴールドカードが大量に発行されてしまい、ゴールドカードの敷居が低くなっていると思われる方も多いかもしれませんが、ステータスの高いカードとして認められているのは、次のような基準を満たしているゴールドカードです。

歴史があり認知度が高い

今でもステータス性を評価されているゴールドカードは、歴史があり、かつ昔から富裕層が使っていたカードです。 特にバブル時代のお金持ちがみんな持っていたというアメックスのゴールドカードは、現在もステータスの高いゴールドカードとして知られています。 ゴールドカードはエアポートラウンジの利用、付帯保険、高級レストランが半額になるなど、一般カードにはない優れたサービスを提供していますが、それがまたステータスともなっています。

審査が厳しく用意に入手できない

最近では審査基準において年齢だけが明示されているようなゴールドカードもありますが、かつては入会基準とされる年収についても明示されていました。そのため以前に公表されていた入会基準の年収を基にして、カードのステータスを判断することが多いようです。

年会費が高い

年会費が高いということは、毎年払い続けられるだけの余裕があるということになります。もちろん年会費が高いだけではなく、エアポートラウンジの利用や高級レストランが半額になるなど、一般カードにはない優れたサービスを受けられます。それがまたゴールドカードのステータスともなっています。

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ