プラチナカードを持つには

プラチナカードとゴールドカードの違い、プラチナカードを取得する条件、プラチナカードを持つメリットについて説明します。

プラチナカードとゴールドカードの違い

プラチナカードはクレジットカードのグレードの一つです。銀色のカードが多く、見た目は金色に輝くゴールドより下のランクのようなイメージですが、ゴールドカードより上のランクのハイステータスカードになります。

年会費は2万円くらいのものから10万円以上ものまでありますが、年会費の高いカードの方がサービス内容が充実しています。

プラチナカード取得の条件

プラチナカードを入手する方法は2つあり、1つは自分で申込めるカードで入会審査を通れば持つことができます。もう1つはゴールドカード会員になった後、クレジットカード発行会社からインビテーションという招待状が届くと作れるカードです。年会費の高いプラチナカードはインビテーションのものが多いです。

プラチナカードを持つメリット

プラチナカードはゴールドカードよりもランクが上のカードなので、当然サービス内容もゴールドカードより手厚く、カードを持つメリットも多いです。 では、ワンランク上のサービスにはどのようなものがあるのでしょうか?

コンシェルジュサービス

プラチナカードの代表的サービスがコンシェルジュサービスです。年会費の安いプラチナカードにはないこともありますが、インビテーションのカードには必ずついています。忙しい自分に代わって調べ物をしてもらったり、エアチケットの購入やレストランの予約などをお願いできます。

ホテル優待

優待価格でホテルに宿泊できます。

ショッピング保険

カードを使って買い物をした商品が購入後に壊れたり、盗まれたりした場合に補償してくれる保険で、金額や条件がゴールドカードよりも上になります。

旅行傷害保険

ほとんどのプラチナカードが上限1億円となっています。

航空機遅延保険

飛行機が大幅に遅延した場合に宿泊費や食費を補償してくれます。

プライオリティパス

海外の空港でビジネスラウンジを利用できるプライオリティパスが利用できます。

ポイントの優遇

普通のクレジットカードよりポイントが貯まりやすくなっています。

レストラン優待

一般の人では行けないような料亭や高級レストランに行けるだけでなく、優待サービスを受けられるプラチナカードが増えています。

会員専門情報誌

プラチナカード会員だけの専門誌が届けられます。

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ