5つの国際ブランドとは

クレジットカードの国際ブランドとはなにか、どんな利便性があるのか解説し、JCB、VISA、マスターカード、アメックス、ダイナースの5つの国際ブランドを紹介します。

国際ブランドとは?

世界中どこでも24時間利用できるクレジット会社を国際ブランドと言います。JCB、VISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5つのブランドがこれにあたり、 国際ブランドと提携しているクレジットカードなら、世界中で使えることができます。

5つの国際ブランドのうちVISA、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブはアメリカの会社ですが、JCBだけは日本の会社です。最近はこの5大ブランドにDiscover、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)を加えて7大世界ブランドということもありますが、やはり5大ブランドが強力です。

2つのタイプに分けられる国際ブランド

国際ブランドは決済機能にこだわっている「決済カード」と旅行やグルメ、エンターテイメントにこだわっている「T&E(Travel & Entertainment)カード」に分けられ、全者はVISA、マスターカード、後者はJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブになります。

加盟店舗数や会員数では「決済カード」のVISA、マスターカードが多いので、もし海外旅行に行く前に国際ブランドカードを作るなら、このどちらかにすればほとんどの国で問題なく使うことができます。

ステータス性の高いプロパーカード

VISAとマスターカードは自社でクレジットカードを発行せず、決済機能のみを提供していますが、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブは自社でクレジットカードを発行しています。

これをプロパー(自社)カードと言います。サービスや保険が充実しているものが多く、他のカードよりもステータス性も高いです。

チャージカードとクレジットカード

海外ではカードは翌月全額一括払いを原則とする「チャージカード」と分割払い機能を持つ「クレジットカード」という2つのカテゴリに分類されます。

アメリカン・エキスプレスやダイナースのようなチャージカードは会員の資産状況などによって利用限度額が設定されているので、海外におけるステータス性は非常に高く、そういうカードを持っている会員であれば富裕層であると認められることになります。

5つの国際ブランド

JCB

JCBは1961年創立の株式会社日本クレジットビューローが発行しています。中国の銀聯カードが発行されるまではアメリカ以外でただ1つの国際カードでした。アジア諸国に強いカードですが、日本人旅行客の多いハワイやグアムでも利用できます。

VISA

VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字で、バンク・オブ・アメリカによって1958年に創業されました。国際決済業務においては世界1位で、クレジットカードを使える場所では、ほぼ100%VISAを利用できます。

マスターカード

VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社です。ドイツのEuroCard(ユーロカード)と合併してスタートしたのでヨーロッパ圏で強いカードでしたが、現在はVISAが使えるところではほとんど使用できるようになっています。

アメリカン・エキスプレス

日本で最初にゴールドカードを発行したクレジットカード会社でゴールドカードの人気No1です。カードのグレードが細かく分かれ、グレードに応じた利用限度額を設定せずクレジットヒストリーを重視、上級カードはカードマニア憧れのカードとなっています。ダイナースと並び2大T&Eカードと言われています。

ダイナース

約50年前に世界で初めて発行された国際ブランドカード。審査基準がとても厳しく、ハイステータスカードとして有名で、企業経営者などのエグゼクティブ会員が多いことで知られています。ターゲット層が高いため使える店なども限られています。

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ