ステータスの高さで比較したおすすめのゴールドカード_HOME » デルタアメックスゴールドカードの魅力 » デルタアメックスゴールドカードのメダリオン会員とは?

デルタアメックスゴールドカードのメダリオン会員とは?

デルタアメックスゴールドカードの会員資格「メダリオン」について紹介しているページです。

「ゴールドカードの会員資格です」といわれてもどういった内容が盛り込まれているのか、お得に活用するにはどうしたら良いのか分からないと感じている人もいると思うので、ここのページでは、分かりやすく解説していきます。

とくにデルタ空港を頻繁に利用する人には魅力的な特典が多いので、デルタ空港をよく使う人は要チェックです。

メダリオンの特徴について詳しく紹介

アメリカン・エキスプレス・インターナショナルとデルタ航空が提携して発行しているクレジットカード「デルタアメックスゴールドカード」の会員資格の1つ「メダリオン」。一定の数のマイルを貯めると会員資格が貰えます。そんな、メダリオンはマイルがお得に貯まることが最大の魅力。

メダリオン資格が搭載されているデルタアメックスゴールドカーを使って航空券を購入すると、通常の3倍のマイルが付くためマイル還元にも優れているといえるでしょう。さらに年間100万円以上の利用ごとに5,000マイルが給付されるので、マイル還元率が1.5%以上で利用できるのとても嬉しいポイントです。

会員資格のクラスにもよりますが、マイルが貯まるほかにもデルタ航空の手続きが優先されたり、スカイチームのラウンジで休憩ができたりと魅力的な特典が盛りだくさん。空港は急いでいるときに限って混んでいることが多いので、優先的に対応してくれる特典は空の旅を快適にできておすすめです。

デルタ航空が所属しているスカイチームは、全世界20の航空会社が加盟しています。普段、海外の航空会社をよく使うという人はメダリオンマイルが貯まりやすくなるのでチェックしておくといいでしょう。

メダリオンのランク

デルタアメックスゴールドカードの会員資格のメダリオンには、

  • 「シルバー」
  • 「ゴールド」
  • 「プラチナ」
  • 「ダイヤモンド」

の4つのランクがあります。ここではクラスそれぞれの特徴を紹介していきます。

シルバー

シルバーメダリオン会員になるには、1年間でデルタ航空または提携している航空会社を利用して2万マイルを貯める方法と30区間のフライトをする方法の2つがあります。どちらかを達成すれば会員になれるので、検討している場合はどれがクリアしやすいか考えてみましょう。

シルバーメダリオンの特典としては、優先チェックインや搭乗、キャンセル待ちなどがあります。マイルに関しては航空券にかかった費用50%のマイル、メダリオンボーナスマイルとして25%のマイルが加算されるので、充分の還元率だといえるでしょう。

ゴールド

メダリオンのなかでも特に人気を集めるのがゴールドメダリオン会員です。1年間でデルタ航空やデルタ航空と提携している航空の不フライトで5万マイルを貯める。もしくは、60区間のフライを利用するかのどちらかの方法をクリアしなければなりません。1マイル約45円ほどなので5万マイル貯めるとなると、約120万円分。

一般的には高いと思われがちですが、荷物手数料や搭乗日当日の時間変更手数料、空席待ちなどの手数料が免除されるほかエコノミークラスの座席確保、空港ラウンジの使用など多くの特典があります。また、メダリオンボーナスとして航空券にかかった100%はマイルとして加算されるため、よくデルタ航空を使用する人にはむしろお得だらけのサービスです。

プラチナ

プラチナメダリオン会員はシルバーメダリオンの特典にプラスして、予約の確保補償や優先的に荷物の受け取りができるなどといったサービスが受けられます。そんな、プラチナメダリオン会員になるには規定する7万5,000マイルを貯めるか、100区間のフライトを利用する方法のどちらかをクリアしなければなりません。

マイルに関しては費用の50%がプラスさるほかにもメダリオンボーナスとして費用100%のマイルも加算されるので、とにかく出張が続く仕事している人にはピッタリの会員資格だといえるでしょう。

ダイヤモンド

ダイヤモンドメダリオン会員になるには、デルタ航空または提携している会社のフライトである12万5,000マイルを貯める方法と140区間のフライトを超える方法の2つ。

特典としては、プラチナメダリオンの会員特典は無制限メダリオ無償アップグレードが行えたり、メダリオンボーナスマイルが125%加算されたりします。現実的にあまりダイヤモンドメダリオン会員はいませんが、金銭的に余裕がある人やマイルが貯まりやすい人は検討してみるのも1つの手です。

メダリオン会員のサービス

メダリオン会員になることで得られる特典サービスについてまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

優先チェックイン・搭乗

クラスは関係なくメダリオン会員になっている人はだれでも、ビジネスエリート/ビジネスクラスやファーストクラスで席を確保した人たちと一緒のチェックインエリア「SKY PRIORITY」が利用可能。エコノミーだと時間帯によっては30分かかってしまうチェックインがスムーズに済ませられるため、搭乗時間ギリギリで急いでいるときにとても助かります。

さらに、優先的にチェックインできたあとはいち早く搭乗ができます。人が多くなると手間をとってしまう荷物の収納もパパッと済ませられ、荷物置き場に収納ができないという事態も避けられます。

専用の荷物検査レーン

ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドメダリオン会員は、デルタ航空をはじめスカイチーム加盟の航空を利用する際、専用の荷物検査レーン(保安検査レーン)が使用できます。 基本的に出国審査の近くに設定されているので、出発前の混んでいるときや煩忙期のときなども円滑に通過が可能。

搭乗までも早いため他の航空会社と比べても便利だといえるでしょう。エコノミークラスでの大混雑に巻き込まれずに、快適にチェックインができるのは最大の魅力ですね。

優先手荷物取り扱い

空港に到着して1番時間がかかるのは、荷物の受け取りです。シルバーメダリオン以上の会員の人は、優先的に手荷物を受け取れる特典もあるので、手荷物の受け渡しにも時間をかけることはありません。そのため、時間が限られてしまっている海外旅行や出張の場面でとても助かる特典です。

多くの人数が搭乗するエコノミークラスだと数十分待たされるケースもあるのを考えると、絶大なメリットだと言えるでしょう。

席のアップグレード

デルタ航空の国際線の一部ではありますが「デルタ・コンフォートプラス」という座席が利用可能。エコノミークラスと比べると足元が広いくリクライニングも大きな角度で過ごせる座席なので、飛行機のなかでもゆっくりと過ごせます。

搭乗する3日前に空席があればグレードアップした席にも座われる(ベーシックエコノミークラスは対象外)ほか、頭上にある荷物棚の専用スペースや座席背面にある「デルタスタジオ」も無料で使い放題です。

海外出張やデルタ航空を頻繁に使う人はおすすめ!

たくさんの特典が受けられるデルタアメックスゴールドカードの資格「メダリオン」は、大手企業のアメックスならではのサービスです。そんなメダリオンが人気を集める理由として「マイルが貯めやすい」点があげられます。

メダリオン会員になればデルタ航空や提供している航空会社に限られてしまいますが、航空費用の最低50%はマイルとして還元。そのため、海外出張が多い人やデルタ航空を頻繁に利用する人は、お得にマイルが貯められて快適な空の旅に出られます。とてもお得に利用できるゴールドカードとなっています。

あわせて読みたい

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ