アメックスゴールドカード比較

このカテゴリではアメックスのゴールドカードのみに限定して比較をしてご紹介しています。それぞれのアメックスゴールドカードの特徴についてもまとめていますので、カード選びの参考にしてください。

いろいろあるアメックスゴールドカード

「アメックスのゴールド」と言っても、アメリカンエキスプレスが自社発行しているプロパーカードの他に他社と提携して発行しているカードがありますどちらもゴールドカードと呼ばれていますが、それぞれのカードごとに特徴がありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

共通しているサービスは?

各カードに共通しているのは旅行時などの保険です。海外保険、国内保険、買物保険がついています。万が一の事態が起きたときでも安心ですね。

加えて各空港のラウンジが利用できたり、各種トラベルサービスも付帯。優先搭乗や荷物の手配などのサービスが受けられます。国内でも海外でも、旅行や出張などが多い方は1枚持っておきたいカードと言えますね。

また、一部のカードを除いて、電子マネー決済ができます。ちょっとした支払いのときにもさっとゴールドカードで支払えると便利ですね。普段使いできるということは、ゴールドカードを持っていることのさりげないアピールにもなります。ここぞというときに使うのもいいですが、さりげなく使うのも女子ウケは良いはず。男性が思っているよりも、女性は細かい部分までチェックしていますよ。

各カードの違いとは

アメックスゴールドは自社発行のプロパーカードでしか受けられないサービスがあります。また、アメックスのゴールドは他カードのプラチナに相当する特典やサービスが受けられるといわれており、質の違いがうかがえますね。

プロパーカードに対して提携カードの良さは提携先で受けられる特典やポイントです。アメックスのゴールドカードのポイントは基本的に100円1ポイントですが、提携カードは提携先での利用でポイントが2倍~3倍になったり、ホテルやレストランの利用が割り引かれたりします。提携先の会社をよく利用するなら、提携カードを入手してもいいかもしれません。

でもやっぱり自社発行のアメックスゴールドがおすすめ

審査基準が20年ほど前と比べるとゆるくなってきたといわれているアメックスのゴールドカード。それでもやはり、自社発行のプロパーカードの持つ高いステータスやスマートなイメージは提携カードとは一味も二味も違います。高い年会費に見合ったサービスや特典はとても魅力的です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは誰もが納得する高ステータスゴールドカード。それでいて日常の支払いにも使える使い勝手の良さも魅力です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの画像

カード名 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
初年度会費 初年度無料※公式サイトから申込時
年会費 本会員29,000円
家族会員1枚目は無料、2枚目以降は
12,000円
入会条件 25歳以上、有職者
※学生・主婦・派遣社員は対象外
カード利用枠 個別設定

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのイチオシポイント

何といっても「ステータス」が一番にあげられるのではないでしょうか。アメリカンエキスプレスのゴールドカードを持っているということは、厳しい審査を潜り抜けるだけの「素質」が有るという証明に他なりません。

また、ゴールド会員だけが受けられるさまざまなサービスはやはり魅力的。高級レストランでの割引や限定イベントへの招待など、高い会費を払うだけの価値有るサービスが受けられるのです。

ステータスだけで、これほどまで人気のあるカードは生まれません。利用者にきちんとしたメリットがあるからこそ、アメリカンエキスプレスのゴールドカードは長年愛されているのです。また、アメックスのプロパープラチナカードを入手するにはゴールドカードを継続して利用するのが大事。ある日突然、プラチナカード会員への招待が来ることがありますよ。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのここが他とは違う!

アメリカンエキスプレスのプロパーカードのデザインは、海外のものとほぼ同じ。そのため、カードを持っているステータスはどの国へ行っても通じるメリットがあります。海外では高ステータスのクレジットカードは信用の証でもあるため、カードを提示しただけでワンランク上のサービスを受けられた、なんて話も。また、デスク担当者の対応もずば抜けて良いと評判です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスのビジネスゴールドは名前のとおり、ビジネスに役立つカード。法人用と個人用があり、経費の管理や会食といったビジネスシーンに欠かせない部分のサービスが手厚くなっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの画像

カード名 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
初年度年会費 初年度無料※公式サイトから申込時
年会費 本会員 31,000円
追加会員 12,000円
入会条件 本会員
法人会員(法人名義):法人の登記上の代表取締役その他会社を代表する権限を有する25歳以上の個人(法人口座からの引落し)
個人会員(個人名義):25歳以上の個人事業者・専門職・有資格者(個人口座/屋号 付口座からの引落し)
追加カード
法人名義:法人の役員または従業員
個人名義:役員または従業員、会員の2親等以内の親族
カード利用枠 個別設定

■アメックスビジネスゴールドカードのここがおすすめ

アメックスビジネスゴールドは経費の管理や削減に力を発揮してくれます。経費の支払いに利用でき、管理が楽になるのがメリット。四半期ごとの管理レポートは経費管理や税務処理時に資料として利用が可能です。そうして得た情報をもとに、経費を見直すことで管理・削減できるというわけです。

また、ビジネス情報を提供してもらったり、調査してもらうことも可。個人事業主や中小企業向けにコンサルティングサービスも有りますよ。アメックス ビジネスゴールドは仕事のパートナーとして大活躍してくれるでしょう。

■アメックス ビジネスゴールドのここが他とは違う

高ステータスなアメックスのゴールドに、デキるビジネスマンのイメージもプラスできるカードです。

出張が多い部署の方は、空港ラウンジが利用できたりやマイルが貯められるためより便利。少々年会費が高いと感じる方も多いようですが、それに見合ったサービスが受けられると好評です。また、ヘルスケア無料相談窓口は24時間365日相談可。忙しいビジネスマンがおろそかにしがちな健康について相談したり医療機関の紹介をしてくれたりしますよ。

ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカードはANAとアメリカンエキスプレスやダイナース、VISA、JCBといった国際ブランドが提携したカード。

ANAを利用することが多いなら、その分マイルやポイントが貯まりお得です。ここではアメックスとANAが提携しているANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについてまとめました。

ANAワイドゴールド・カードの画像

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 本会員 31,000円
家族会員15,500円
入会条件 満20歳以上で、安定継続収入のある方
カード利用枠 個別設定

■ANAアメックス・ゴールド・カードのここがおすすめ

旅行するときにANAをよく利用しているなら、ANAアメックスゴールドにするとお得です。日常的な買い物でマイルが貯まるANAマイレージクラブ、航空券予約や割引、さまざまなキャンペーンなどの特典が受けられるから。また、毎年のカード更新時に2,000マイルのボーナスマイルが進呈されますよ。

■ANAアメックス・ゴールド・カードのここが他と違う

ANAアメックスゴールドは買い物時のポイントをマイルへ移行することが可能です。また、ANA提携店舗での買い物の場合はポイントが2倍、ANA航空券購入時はポイントが3倍になるため、マイルを貯めやすくANA利用者にとっては一番お得なカードと言えるでしょう。

貯まったマイルは飛行機の座席のアップグレードや航空券、ANAのおすすめ商品と交換が可能です。効率的にマイルを貯めてお得な旅をしましょう。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスインターナショナルとデルタ航空が提携して発行しているゴールドカード。デルタ航空を良く利用する人から支持されているカードです。

日本発行のアメックスゴールドと遜色ないサービスが受けられます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの画像

カード名 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 本会員 26,000円
家族会員 12,000円
入会条件 20歳以上で日本国内に定住所、定職、定収入があり、他のクレジットカードやローン等の延滞がない
カード利用枠 個別設定

デルタアメックスゴールドカードのここがおすすめ

デルタアメックスゴールドはデルタスカイマイルが貯まりやすいカードです。デルタ航空利用時の支払いでマイルが3倍になるだけではなく、入会後の初フライトで10,000~25,000のボーナスマイルやカード継続時には3,000マイルがもらえるなど、嬉しいポイントがたくさん。

海外へ行く機会が多くデルタ航空を良く利用するという方は、このカードにするとさまざまゴールドカード会員サービスと合わせてお得に旅ができるでしょう。

■デルタアメックスゴールドカードのここが他と違う

デルタ航空のマイレージプログラムには独自の優待制度「メダリオン特典」があります。会員のランクは、一般、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイアモンドと5段階。デルタアメックスゴールドカードを入手すると、会員ランクがゴールドメダリオンからスタートになり、優先搭乗やラウンジ使用などの特典が受けられます。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスと世界的ホテルチェーンのスターウッドホテル&リゾートが提携したSPG(スターウッド プリファード ゲスト)カード。旅行好きなら持っておきたい1枚です。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの画像

カード名 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 本会員 31,000円
家族会員 15,500円
入会条件 25歳以上で日本国内に定住所、定職、定収入があり、
他のクレジットカードやローン等の延滞がない
※SPG会員登録が必要
カード利用枠 個別設定

■SPGアメックスのここがおすすめ

SPGアメックスカード会員になると、有名ブランドホテル「ウェスティン」「シェラトン」「フォーポインツ」「W」「セントレジス」など9つのホテル&リゾートの利用がお得になります。

利用時にはSPGのポイントプログラムで使われているスターポイントが付与され、貯めたポイントはマイル、宿泊券、ホテルサービス、レンタカーなどに利用が可能。日本国内でも14のホテル直営レストランやバーでの支払いが15%オフで利用できるため、国内での優雅なひとときを楽しむのにも向いているカードと言えますね。

■SPGアメックスのここが他とは違う

スターウッド プリファード ゲスト「ゴールド会員資格」をカード入手と同時に得られます。ゴールド会員は一般会員よりもスターポイントが多くもらえたり、提携ホテルのチェックアウト時間を延長したり、ウェルカムギフトがもらえたりと旅行で嬉しい特典がたくさんあります。

世界的ホテルチェーンと提携しているため、各ホテルにおいてさまざまな特典がありますよ。旅好き必携のカードと言えるかもしれません。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカンエキスプレスと永久不滅ポイントが人気のセゾンカードが提携して生まれたのがセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード。ポイントを貯めやすくコスパが良いのが特徴です。

セゾンゴールドアメリカンエキスプレスカードの画像

カード名 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
初年度年会費 初年度無料
年会費 本会員 10,000円
家族会員 1,000円
入会条件 学生、未成年を除く電話連絡が可能な方
カード利用枠 ~300万円

■セゾンゴールドアメックスカードここがおすすめ

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはポイントが貯まりやすいのが魅力です。年単位の期間限定ポイントではなく、永久不滅ポイントなのもGood。獲得できるポイントは国内の利用で通常カードの1.5倍、海外では2倍となっており、非常に速いペースでポイントを貯められます。

交換できる品物は300種類以上と幅広く、マイルやギフト券なども交換対象。ポイント運用もできるので、貯めながら利用することが可能です。自身の生活スタイルを考えて使う機会が多いのなら、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードにすると良いでしょう。

■セゾンゴールドアメックスカードのここが他とは違う

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードが他のカードと比べて優秀なのは、セゾンカードの特徴を活かしつつポイントが貯められるところ。全国のパルコや西友での割引やカード決済で電子マネーのポイントも合わせて貯められるといった特典や各種優待もあり、日本でも使いやすいカードと言えます。

セゾンポイントモールを経由した買い物ならポイントボーナスが加算されるため、さらにポイントが貯まりやすくなるでしょう。その他の機能はゴールドカードと遜色なく、空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配サービスなど手厚いサポートを受けられます。保険も付帯するので、旅行時に何かあっても安心ですね。

アメックス スカイトラベラープレミア

アメックスが提供しているマイレージ特典に特化したカード。そのため、他のアメックスカードを持っている場合は申し込みができません。ヘビーマイラーなら持っておきたいカードです。

アメックス スカイトラベラープレミアの画像

カード名 アメックス スカイトラベラープレミア
年会費 本会員 35,000円
家族会員 17,500円
入会条件 20歳以上で定職がある方
※アメリカン・エキスプレスが発行するカードをすでに持っている場合申し込み不可
カード利用枠 個別設定

■アメックス スカイトラベラープレミアのここがおすすめ

アメックス スカイトラベラープレミアのおすすめポイントはマイルのボーナスがあること。通常のカードは200円で1マイル貯まるところ、アメックス スカイトラベラープレミアなら100円あたり5マイル分のポイントが貯まります。

ボーナスポイントはアメックスが提携している28社全てで適用されるので、日本や米国系の航空会社だけでなく主要な外資系エアラインでも利用できるのが嬉しいところ。貯めたポイントはANAをはじめチャイナエアラインやブリティッシュエアウェイズなど15社で交換可能です。有効期限がないため、自由なタイミングで交換できるのも魅力といえるでしょう。

■アメックス スカイトラベラープレミアのここが違う

35,000円と他のカードに比べてかなり割高な年会費のアメックス スカイトラベラープレミア。アメックスのゴールドカードの中でもマイルを貯めることに特化したカードです。反面、機能はほぼアメックス・グリーンや他社のゴールドカードと変わらず、国内・海外旅行での補償金額も控えめ。

ショッピング補償や返品の際のリターン・プロテクションなどさまざまな保険は他のゴールドと同じように付属しています。空港でのラウンジ利用や手荷物配送サービスなどゴールドカード特典も受けられるため、海外旅行へ頻繁に行く方や効率的にマイルを貯めたい方はこのカードを選ぶのがおすすめです。

アメックスゴールドと他カードを比較

アメックス・ゴールドとアメックス・グリーンを比較

アメリカン・エキスプレスが発行しているアメックス・ゴールドとアメックス・グリーンを年会費や特徴、サービスなどさまざまな観点から比較してみました。通常のカードとゴールドカードでどう違うのか気になる方はチェックしてみてくださいね。

詳しく見る

アメックス・ゴールドとアメックス・プラチナを比較

世界的に有名なアメリカン・エキスプレスが発行しているカードの中で、ゴールドカードとプラチナカードを年会費や補償、サービスで比較してみました。アップグレードを迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

詳しく見る

アメックスのプラチナカードとブラックカードを比較

アメリカン・エキスプレスが提供するプラチナカードとブラック(センチュリオン)カードは高いステータスを持つカードとしても知られています。そんなふたつのカードを比較。入手方法も調査していますので、高ステータスカードを手に入れたいと考えている方必見です。

詳しく見る

あわせて読みたいページ

ステータス感があるのはどれ?おすすめゴールドカード3選 各ゴールドカードの比較はこちら
ページトップへ